日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > スクエニと「不気味の谷」の戦い
オワリカラ・タカハシヒョウリの「サイケデリックな偏愛文化探訪記!」

『ローグ・ワン』『キングスグレイブFF15』に見る、「不気味の谷」をめぐる戦い

roagone.jpg『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』公式サイトより

 いよいよ公開された、スターウォーズのスピンオフ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。

 新たなスター・ウォーズ・サーガとしてスタートしたエピソード7(『フォースの覚醒』)で物足りなかった部分や、「これこれ! このスターウォーズも見たかった!」が見られる、スピンオフとして実に正当派な作品だ。
 
 この作品では、おそらく全世界で最も有名な悪のカリスマこと、ダース・ベイダーの再登場が話題になっているが、それ以外にもスター・ウォーズファンは興奮間違いなしのサプライズキャラクターが複数登場する。

 特に注目なのは、帝国軍の提督ウィルハフ・ターキンだ。スターウォーズの記念すべき1作目『エピソード4/新たなる希望』で登場したキャラクターが、その前日譚である『ローグ・ワン』に登場するのは胸が熱いが、それだけではサプライズとは言えない。

 実は、このターキン提督を演じたイギリスの名優、ピーター・カッシングはすでに亡くなっている。つまり、この『ローグ・ワン』に登場する、1作目と同じ姿のターキン提督は、CGなのだ。厳密には、ガイ・ヘンリーという役者さんが演じた「身体」に、ピーターの「顔」をCGで合成している。

 すでに亡くなってしまった役者さんまで、CGで引っ張り出してこられる時代がやってきたのだ。これでもう、「役者が死んでるから続編作れない」問題は解決だ! 『座頭市』も、『男はつらいよ』も、『仁義無なき戦い』も、なんでもこい (そういえば、『ローグ・ワン』に『座頭市』っぽいキャラクターが出てきたのは最高だったなー)!

 しかし、なかなかそうはうまくいかないもので、このCGで描かれたターキン提督も「本物が演技してるようにしか見えない!」とまではいかないのが、CGの、そして人間という生き物の難しいところ。

 というわけで、今回はのテーマは「CGで描かれた人間」。


12345
こんな記事も読まれています

『ローグ・ワン』『キングスグレイブFF15』に見る、「不気味の谷」をめぐる戦いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...…
写真