日刊サイゾー トップ > 芸能  > 成宮寛貴の友人A氏が訴えられる!?

成宮寛貴“コカイン告発”のA氏『とくダネ!』出演に、元所属事務所が激怒!「訴訟も辞さない」

narimiya1223.jpg

 元俳優・成宮寛貴の薬物疑惑について写真誌「フライデー」(講談社)に告発した「友人A氏」を名乗る人物が、12月21日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演した件で、成宮サイドが番組に対して訴訟も辞さない構えで激怒していることがわかった。成宮の元所属事務所に近い業界関係者によると、すでに番組側には抗議を伝えた模様だという。

「成宮さんには弁護士がついているようだけど、引退したからといって事務所と無関係になったわけじゃないからね。事務所も、ここまでの報道は看過できないと、かなり怒っている」(同)

 番組でA氏は独占インタビューに応じ、「成宮とは4年ほど前にクラブのVIPルームで知り合い、今年9月ごろからよく遊ぶようになった」としており、写真誌に提供したものと同じ写真を見せ、その撮影場所が成宮の自宅であったことや、動画があることも明かし、成宮の薬物使用をあらためて強調した。

 メディアに大々的に暴露した理由は「コカインをやめてほしい。彼は捕まってもいないし、自分はいろんな人から叩かれている」と話し、一部で報じられたメディアへの大金要求は否定。自身は薬物を使用していないと断言し、検査を受けることには「彼と一緒に病院に行くなら構わない」とした。

 今回の疑惑に、成宮の元所属事務所は当初から全面否定し「民事・刑事問わずあらゆる法的措置をとって参る所存」と法的措置を公言している。ただ「フライデー」編集部は、訴状は届いていないとして、遠慮なく続報を報じている。

 さらにプロレスラーのザ・グレート・サスケが、過去に息子が成宮からのレイプ被害とも受け取れるような性的セクハラで、深刻なPTSD(心的外傷後ストレス障害)を負ったという告発まで行っている。

 成宮本人が姿を消してしまっている以上、言われ放題のままだと、事実を認めたような印象も与えてしまうが、前出関係者は「弁護士の判断にもよるが、場合によってはフライデー、A氏、『とくダネ!』、サスケなどを相手取って、多数の訴訟が起きるかもしれない」と言っている。

「中でも、A氏出演の『とくダネ!』は悪影響が大きすぎる。成宮の薬物・セクハラ疑惑が事実なのかどうか、私にはわからない。でも、本人はウソだと言っていたし、逮捕されたわけじゃないんだから、見過ごすことはできない」(同)


12
こんな記事も読まれています

成宮寛貴“コカイン告発”のA氏『とくダネ!』出演に、元所属事務所が激怒!「訴訟も辞さない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

元俳優・成宮寛貴の薬物疑惑について写真誌「フライデー」(講談社)に告発した「友人A氏」を...
写真