じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

テレビ業界の闇を描きすぎ!? 女子アナ実態暴露マンガ『女子アナ七瀬』

 天使のようなルックスに、ほとばしる知性。一般男子が憧れても、決して手が届かない……。女子アナといえば、そんな魅惑の存在です。

 華々しい職業の代表格である女子アナですが、決してきれいな部分だけではありません。番組プロデューサーへの枕営業、ライバル女子アナ同士のドロドロした確執、取材先のスポーツ選手とデキちゃったり、パパラッチにパンチラ撮られたり……と、女子アナの生々しい生態をリアルに描いた作品があります。その名も『女子アナ七瀬』というマンガです。

 なにしろ、このマンガの煽り文句が「ご注意! これは限りなく真実に近いフィクションです!! 独自の情報に基づく華やかな画面の向こう側の裏事情を暴きだす」などと書いてあるのですから、期待せざるを得ませんね。

 本作の主人公は香田七瀬という、入社2年目の女子アナ。商店街のロケでカニを試食して「カニカマみたいでおいしい!」とか言っちゃう天然ドジっ子なのですが、人一倍の努力家です。

 七瀬は女子アナとは言いながらも、キー局「お台場テレビ」の子会社である「共朋テレビ」の所属で、親会社の女子アナに比べると給料はなんと半分。同じ女子アナでも、待遇にかなり格差があるんですね。知りませんでした。

 肝心のストーリーは、1話目から早速ドロドロしています。登場するのは、フジの内田……もといお台場テレビの内川祥子アナ。ゴールデン番組でも活躍するエースですが、30歳を前に、そろそろ潮時かとささやかれ始めています。

 そんな折、七瀬が新番組の司会者アシスタントに大抜擢。ところが、翌日にはなぜか内川アナに替わるという逆転劇が起きます。実は、内川アナはスポンサーに枕営業をしていたのです。泥棒猫ならぬ泥棒アナ……仕事も奪い合いの世界なのです。

 また、多くの女子アナが30歳を境に仕事が減り、辞めていくのに、30歳になっても売れっ子の近藤……もとい、遠藤ミトという女子アナがいました。実は遠藤アナの仕事が安定している理由は、アナウンス部長の露木……もとい、冬木と愛人関係にあったからなのです。ところが、冬木がフリーになり、遠藤アナは仕事を干されてしまったのです。


12
こんな記事も読まれています

テレビ業界の闇を描きすぎ!? 女子アナ実態暴露マンガ『女子アナ七瀬』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

天使のようなルックスに、ほとばしる知性。一般男子が憧れても、決して手が届かない……。女子...
写真