日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジテレビ月9、月10がヤバイ

まさに地獄絵図! フジテレビ「月9」&「月10」視聴率が1年で10%もダウンの惨劇

まさに地獄絵図! フジテレビ「月9」&「月10」視聴率が1年で10%もダウンの惨劇の画像1

 フジテレビの月曜午後9時、午後10時の時間帯が、苦しい闘いを強いられている。

 1月30日の視聴率を見ると、西内まりや主演の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』第2話が6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、昨年12月で終了した『SMAP×SMAP』の後継番組『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』第2回が5.8%と、厳しい数字。両番組を単純合計しても12.7%にしかならない惨状だ。

 これが1年前はどうだったかというと、2016年1月25日の同時間帯の視聴率は、有村架純&高良健吾主演『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は第2話が9.6%、『スマスマ』が13.4%で、合計すると23.0%。つまり、フジはちょうど1年前と比較すると、この時間帯で10%も視聴率を落としているのだから深刻だ。

 かつて、フジの同時間帯は看板ドラマ枠である月9と『スマスマ』で高視聴率をマークし、栄華を極めていた。しかし、月9の低迷と共に、マンネリ化した『スマスマ』の視聴率も徐々に落ちていった。

『もしかしてズレてる?』は、これまで不定期でオンエアされていた『世間のイメージとズレてるのは誰だ!? ズレ→オチ』をリニューアルした番組で、芸能人たちが自分自身で考えているイメージと、世間が感じているイメージのズレを浮き彫りにする“芸能人イメージ調査バラエティ”。MCはフットボールアワー・後藤輝基と田中みな実アナが留任し、関ジャニ∞・横山裕に代わってDAIGOが起用された。

 初回は田中アナ vs ホラン千秋などの対決が放送され、視聴者からは「期待していなかったけど、意外に面白かった」という声も多く、おおむね好評だったが、6.7%と惨敗。第2回は矢口真里 vs 熊切あさ美などの対決がオンエアされたが、視聴率は0.9ポイント落として、プライム帯では禁断の5%割れも目前となってしまった。

 月9はあまりの低視聴率ぶりが原因となって、主役級の俳優・女優から敬遠され、オファーをかけても断られまくっているといわれている。やむなくフジは、Hey!Say!JUMP・山田涼介や西内といった“若手育成”プランにシフトしたが、肝心の視聴率はさらに下げている状態で、まさに泥沼。


12

まさに地獄絵図! フジテレビ「月9」&「月10」視聴率が1年で10%もダウンの惨劇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

フジテレビの月曜午後9時、午後10時の時間帯が、苦しい闘いを強いられている。 1月30日...
写真