日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジテレビ月9、月10がヤバイ

まさに地獄絵図! フジテレビ「月9」&「月10」視聴率が1年で10%もダウンの惨劇

まさに地獄絵図! フジテレビ「月9」&「月10」視聴率が1年で10%もダウンの惨劇の画像1

 フジテレビの月曜午後9時、午後10時の時間帯が、苦しい闘いを強いられている。

 1月30日の視聴率を見ると、西内まりや主演の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』第2話が6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、昨年12月で終了した『SMAP×SMAP』の後継番組『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』第2回が5.8%と、厳しい数字。両番組を単純合計しても12.7%にしかならない惨状だ。

 これが1年前はどうだったかというと、2016年1月25日の同時間帯の視聴率は、有村架純&高良健吾主演『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は第2話が9.6%、『スマスマ』が13.4%で、合計すると23.0%。つまり、フジはちょうど1年前と比較すると、この時間帯で10%も視聴率を落としているのだから深刻だ。

 かつて、フジの同時間帯は看板ドラマ枠である月9と『スマスマ』で高視聴率をマークし、栄華を極めていた。しかし、月9の低迷と共に、マンネリ化した『スマスマ』の視聴率も徐々に落ちていった。

『もしかしてズレてる?』は、これまで不定期でオンエアされていた『世間のイメージとズレてるのは誰だ!? ズレ→オチ』をリニューアルした番組で、芸能人たちが自分自身で考えているイメージと、世間が感じているイメージのズレを浮き彫りにする“芸能人イメージ調査バラエティ”。MCはフットボールアワー・後藤輝基と田中みな実アナが留任し、関ジャニ∞・横山裕に代わってDAIGOが起用された。

 初回は田中アナ vs ホラン千秋などの対決が放送され、視聴者からは「期待していなかったけど、意外に面白かった」という声も多く、おおむね好評だったが、6.7%と惨敗。第2回は矢口真里 vs 熊切あさ美などの対決がオンエアされたが、視聴率は0.9ポイント落として、プライム帯では禁断の5%割れも目前となってしまった。

 月9はあまりの低視聴率ぶりが原因となって、主役級の俳優・女優から敬遠され、オファーをかけても断られまくっているといわれている。やむなくフジは、Hey!Say!JUMP・山田涼介や西内といった“若手育成”プランにシフトしたが、肝心の視聴率はさらに下げている状態で、まさに泥沼。


12
こんな記事も読まれています

まさに地獄絵図! フジテレビ「月9」&「月10」視聴率が1年で10%もダウンの惨劇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

フジテレビの月曜午後9時、午後10時の時間帯が、苦しい闘いを強いられている。 1月30日...
写真