日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 極楽・山本に“共演NG”連発中

極楽とんぼ・山本圭壱に芸能界から“共演NG”連発中!「軍団山本の芸人も、こっそり……」

極楽とんぼ・山本圭壱に芸能界から共演NG連発中!「軍団山本の芸人も、こっそり……」の画像1

 淫行事件から復帰した極楽とんぼの山本圭壱に「共演NG」を突きつけ、背を向けるタレントが少なくないという。

「過去に山本さんと一緒に遊んでいた芸人仲間で『山本さんの復帰を待ってます』みたいな態度を取っている人でも、事務所の方針を理由に、こっそり“共演NG”をほのめかす人がいるんです。こういう空気があると、山本さんを起用リストに入れることは難しい。特に共演が厳しいのは女性タレントで、主婦層に支持を得ているママタレを抱える事務所も『山本との共演は無理』と言っていました。これは女性タレントの間で『山本は運気を落とす』なんて都市伝説があるからかもしれません」(テレビディレクター)

 実際、一部雑誌で、山本と距離を置いたタレントが運気をアップさせたという記事が複数出たことがある。相方の加藤浩次も、ピンになってから大出世。元カノの大沢あかねもそのひとりで、山本が2006年に淫行事件を起こしたときの恋人だったが、事件発覚後の対応がかなり早く、山本との絶縁を各テレビ局などに伝えていたため、テレビ仕事がまったく減らなかったといわれている。それどころか、「危機管理がすごい」という話になって、むしろ仕事が増えたという。

 交際当時38歳の山本に対し、大沢は20歳で、ある芸人の証言によると「05年の夏ぐらいだったか、いわゆる『軍団山本』の飲み会があって、そのあとすぐに2人は付き合いだした」という。一部では「交際期間は2週間程度」という報道もあったが「それはあり得ない。06年の正月、2人はハワイに行ってますから(笑)」と芸人。

 しかし、淫行事件が発覚するや、大沢は山本と絶縁。当時、テレビでも活躍していた祖父、元日本ハム監督の啓二氏(2010年に死去)の威光もあって、テレビやスポーツ紙が大沢を「山本の元カノ」と紹介しないよう圧力をかけたことも幸いしたという。

 もともと大沢のブレークは、子役モデル時代から培った天性のトークスキルがあったことも大きかったが、その後、09年に芸人の劇団ひとりと結婚。昨年夏には第2子を出産し、公私共に順調だ。今後、山本との共演はまずないと見ていいだろう。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed