日刊サイゾー トップ > 社会  > 台湾「AV女優の売春」は実在する?

台湾「有名AV女優の売春」は実在する!? 実際、現地に飛ぶと、客引きが「いっぱい来てるよ」と……

 アジア市場でも大人気の日本のAV女優が、台湾で高級売春を行っているという話が浮上。台湾紙「自由時報」では、日本の人気女優、星空キラリが3月中旬に3日間限定で5~7.5万台湾ドル(約18~27万円)で、客を募集していたことを伝えている(参照記事1)。

 実際に売春が行われていたかは定かでないが、日本人AV女優の出稼ぎ売春は実在するのか? 急きょ現地台北へ飛んだ。

 報じられた一件は、主にインターネットを介しての告知だったが、台湾ではウラ風俗としての売春が伝統的に存在する。これは、日本統治時代の公娼制度を受け継いだものだという見方もあるが、2011年の法改正では「特区」という売春の合法エリアが制定された。だが、実際には路上に立つ売春婦や客引きなども、ひそかに存在している。当局にも、わかっていて黙認しているような空気がある。

 夜になると売春婦が立つことで知られているのは、パワースポットとして有名な龍山寺の目前にある「華西街観光夜市」の周辺だ。この夜市は、派手な屋台が並ぶ観光スポットであるほかの夜市と違い、大人のオモチャやヘビ料理を売る店もある、ローカル色の強い場所。表通りには一般的な台湾料理の屋台が並ぶが、裏通りに入ると、いかにも水商売風の女性たちが立ち並ぶ。

 ピンク色の看板がギラギラ光る、一見してキャバクラのような店は、売春婦の斡旋所だったりする。周辺には客引きの中年女性もうろついていて、日本語で「女の子欲しい?」と聞かれる。海外の売春エリアに通い慣れているような日本人男性にとっては、おなじみの場所でもあり、客引きに500円程度のチップを渡せば4,000~6,000円で遊べるというのが現地相場だ。

 日本の人気AV女優の売春に関しては、伝え聞く金額がこの相場より30~40倍も高いわけだから、このエリアの売春とはまた別物かもしれないが、餅は餅屋。客引きの女性に話を聞いたところ、なんと「日本のAV女優は2万台湾ドル(約7万4,000円)で呼べる」というのである。

「日本のAV女優、いっぱい来てるよ。みんなきれい、きれいね」と客引き女性。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

台湾「有名AV女優の売春」は実在する!? 実際、現地に飛ぶと、客引きが「いっぱい来てるよ」と……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

港区女子ひとみんの人生観とは?

アジア市場でも大人気の日本のAV女優が、台湾で高級売春を行っているという話が浮上。台湾紙...
写真