日刊サイゾー トップ > 芸能  > のん、女優仕事ないのに首位に

“干され女優”のんが「好きな女優」首位に……“芸能村”に批判殺到も、実情は「オファー蹴りまくり」!?

干され女優のんが「好きな女優」首位に……芸能村に批判殺到も、実情は「オファー蹴りまくり」!?の画像1

 のんを一向に女優復帰させようとしない芸能界に対し、批判ムードが高まっている。

 のんは、30日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が発表した「好きな女優ランキング」で、昨年に続き首位に。以下、2位はのんとトラブル中のレプロエンタテインメントに所属する新垣結衣、3位は同ランキング常連の綾瀬はるかだった。

「29日には、ビデオリサーチが『テレビタレントイメージ調査結果』(2017年2月度)のトップ50人を発表しましたが、のんは圏外。これはビデオリサーチが独自に選んだ1,000人のタレントの好感度を調査したもので、のんはこの1,000人になぜか入れてもらえていないようです……」(芸能記者)

 のんといえば、昨年7月に個人事務所の所属として復帰。しかし、改名後の目立った女優仕事といえば、昨年公開されたアニメ映画『この世界の片隅に』と、同映画プロデューサーが手掛けるテレビアニメ『鬼平』(テレビ東京ほか)のゲスト声優くらいのもの。姿を伴った演技での出演は叶っておらず、ファンをやきもきさせている。

「のんは、今月からLINEモバイルのテレビCMに出演。白シャツ姿で、ただ佇んでいるという内容ながら、その透明感で視聴者の視線を釘付けに。さらに、今月からのんの公式サイトで販売を開始したカレンダーは、『かわいすぎる』とバカ売れしているとか。需要の高さは明らかにもかかわらず、バーニング傘下のレプロにビビッて干し続ける芸能界には、世間もほとほと呆れ返っています」(同)

 復帰時には「女優を中心にやっていきたい」と語っていたのんだが、最近は、台湾のIT系企業が設計・開発を行う自転車「BESV」のPR記者会見に出席したほか、書籍『創作あーちすと NON』(太田出版)の出版など、芸能界のしがらみとは縁遠い業界で細かい仕事をこなしている。


12
こんな記事も読まれています

“干され女優”のんが「好きな女優」首位に……“芸能村”に批判殺到も、実情は「オファー蹴りまくり」!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

のんを一向に女優復帰させようとしない芸能界に対し、批判ムードが高まっている。 のんは、3...
写真