日刊サイゾー トップ > エンタメ  > のん、女優仕事ないのに首位に

“干され女優”のんが「好きな女優」首位に……“芸能村”に批判殺到も、実情は「オファー蹴りまくり」!?

干され女優のんが「好きな女優」首位に……芸能村に批判殺到も、実情は「オファー蹴りまくり」!?の画像1

 のんを一向に女優復帰させようとしない芸能界に対し、批判ムードが高まっている。

 のんは、30日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が発表した「好きな女優ランキング」で、昨年に続き首位に。以下、2位はのんとトラブル中のレプロエンタテインメントに所属する新垣結衣、3位は同ランキング常連の綾瀬はるかだった。

「29日には、ビデオリサーチが『テレビタレントイメージ調査結果』(2017年2月度)のトップ50人を発表しましたが、のんは圏外。これはビデオリサーチが独自に選んだ1,000人のタレントの好感度を調査したもので、のんはこの1,000人になぜか入れてもらえていないようです……」(芸能記者)

 のんといえば、昨年7月に個人事務所の所属として復帰。しかし、改名後の目立った女優仕事といえば、昨年公開されたアニメ映画『この世界の片隅に』と、同映画プロデューサーが手掛けるテレビアニメ『鬼平』(テレビ東京ほか)のゲスト声優くらいのもの。姿を伴った演技での出演は叶っておらず、ファンをやきもきさせている。

「のんは、今月からLINEモバイルのテレビCMに出演。白シャツ姿で、ただ佇んでいるという内容ながら、その透明感で視聴者の視線を釘付けに。さらに、今月からのんの公式サイトで販売を開始したカレンダーは、『かわいすぎる』とバカ売れしているとか。需要の高さは明らかにもかかわらず、バーニング傘下のレプロにビビッて干し続ける芸能界には、世間もほとほと呆れ返っています」(同)

 復帰時には「女優を中心にやっていきたい」と語っていたのんだが、最近は、台湾のIT系企業が設計・開発を行う自転車「BESV」のPR記者会見に出席したほか、書籍『創作あーちすと NON』(太田出版)の出版など、芸能界のしがらみとは縁遠い業界で細かい仕事をこなしている。

12
ページ上部へ戻る
トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

春ドラマ開始! 今クール一番人気は?

2023年も4月に入り、新ドラマが続々とスタートを切っている。あの作品の評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

「お笑い批評」批評っぽいもの

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
UPCOMING

る鹿、彼女が見た「正夢」

 モデルとして活動しながら、自身が立ち上げたブランド「DEERTRIP」のディレクターを務め、2021年1月にはゆらゆら帝国『空洞です』のカバ...…
写真