日刊サイゾー トップ > 芸能  > 濱松恵の次のターゲットは?

“スーパーやり手女”濱松恵の「次の売名ターゲット」が判明! 加藤紗里と熱愛中のニャンニャが危ない!?

スーパーやり手女濱松恵の「次の売名ターゲット」が判明! 加藤紗里と熱愛中のニャンニャが危ない!?の画像1濱松恵オフィシャルブログより

 お笑い芸人・東京03の豊本明長との“不倫”疑惑を週刊誌に報じられたモデル・濱松恵の大暴走が続いている。暴露に次ぐ暴露で手の付けられない状態になっている濱松の意外な男性遍歴と次なるターゲットが、関係者への取材でわかった。

 濱松は今回報じられた豊本に加え、2012年3月には、当時新婚だった狩野英孝、同年5月には川崎麻世、2016年にはエグスプロージョン・おばらよしおと不適切な関係が取り沙汰されていた、いわくつきの人物。

 芸能関係者は「今回の件も含め、過去のスキャンダルはすべて週刊誌『FLASH』(光文社)が詳細に報じていることから、業界では濱松の周辺者が同誌に持ち込んで書かせているのではないかといわれています。濱松はこれまでに、ジャニーズ事務所所属のSや人気俳優のKなど、数々のイケメンをモノにしているともウワサされており、とんでもない“スーパーやり手女”として名を轟かせています」と声をひそめる。

 そして、その濱松が次に狙いを定めたのが、あの“お騒がせ女”の新彼氏だという。

「濱松は、タレントの加藤紗里との熱愛が報じられている元ホスト、ニャンニャさんと頻繁に連絡を取り合っているようです。加藤との三角関係という構図を作り出すべく、マスコミ各社にニャンニャとの良好な関係をアピールしています。雑誌の編集者、テレビ番組、インターネット番組のディレクターなどに激しい売り込みがあるようです。ニャンニャとすでに肉体関係があるのか、定かではありませんが……彼もその気になっているようなので、波紋を呼ぶかもしれません」(同)

 すでに濱松は『サンデー・ジャポン』(TBS系)のリポーターを務めるニャンニャから直撃取材を受けたことを自身のブログでつづっており「他局さんでは話さなかった心境をニャンニャさんには全て話してきました ちょっとすっきりしたかな」とつぶやいている。

どうやらこのときに連絡先を交換して、仲を深めていったようだが、加藤はこれまで濱松の一連の行動についてTwitterで「この当たり屋みたいな女の人が待ち構えている道路には…やたら芸人の方が猛スピードで通り過ぎるんだな 売名ダメ絶対」と非難していた。

 これから濱松とニャンニャとの関係が騒がれたときに、加藤がどういった反応を見せるのか、注目が集まる。

最終更新:2017/04/14 11:32
こんな記事も読まれています

“スーパーやり手女”濱松恵の「次の売名ターゲット」が判明! 加藤紗里と熱愛中のニャンニャが危ない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

お笑い芸人・東京03の豊本明長との“不倫”疑惑を週刊誌に報じられたモデル・濱松恵の大暴走...
写真