日刊サイゾー トップ > 芸能  > 萩原聖人の麻雀愛が強すぎる

ドラマ、映画より「Abema TVに出たい」って!? “芸能界最強”萩原聖人の麻雀愛が強すぎる!

ドラマ、映画より「Abema TVに出たい」って!? 芸能界最強萩原聖人の麻雀愛が強すぎる!の画像1アルファエージェンシー公式サイトより

「最近、よく事務所の人が営業に走り回っているのを目にします。昔は黙っていても仕事が入ってきたんでしょうけれど、今は営業しても、なかなかいい役は回ってこないそうですよ。それなのに、本人は仕事よりも麻雀に夢中ですからね」(ドラマプロデューサー)

 芸能界屈指の雀士と呼ばれている俳優の萩原聖人。これまでに『芸能界麻雀最強位決定戦 「THEわれめDEポン」』(フジテレビ系)で最多優勝に輝くなど、その実力はトッププロもうなるほどだという。

「それだけに、本人は俳優よりも麻雀の仕事ばかりやりたがるそうです。いま、彼のドラマのギャラは1話100万円くらいだと思いますが、1話撮影するのに4~5日拘束されて、事務所分が引かれると、手取りは60~70万円くらいでしょう。麻雀番組だと6時間生放送で、とっぱらいの100万円ですから。彼にとっては、麻雀のほうが割がいいと考えているんでしょう」(テレビ局関係者)

最近でも、佐藤浩市主演の話題作『LEADERS II』(TBS系)やWOWOWのドラマ『連続ドラマW ヒトヤノトゲ~獄の棘~』に出演するなど、精力的に俳優業をこなしているようにも見えるのだが……。

「それも、マネジャーが『麻雀の仕事もありますから!』と言って、機嫌を取っているようです(笑)。ただ、麻雀の番組に出ても優勝できなかったら途端に機嫌が悪くなって、八つ当たりするそうですから、たまったもんじゃないですよ。あまりにもギャンブル臭が強いので、CMのオファーもないですしね。そのせいか、時間があると雀荘に行ってフリーで打っていますし、常に麻雀雑誌を持ち歩いているそうです。最近の口癖は『Abema TVの麻雀番組に早く出たい』ですからね」(芸能事務所関係者)

 麻雀がすべて、ということか――。

最終更新:2017/04/11 10:00

ドラマ、映画より「Abema TVに出たい」って!? “芸能界最強”萩原聖人の麻雀愛が強すぎる!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

「最近、よく事務所の人が営業に走り回っているのを目にします。昔は黙っていても仕事が入って...
写真