日刊サイゾー トップ > 芸能  > 浅田真央“争奪戦”はフジがリード

電撃引退! 浅田真央“争奪戦”はフジテレビが一歩リード!? 芸能プロも熱視線

電撃引退! 浅田真央争奪戦はフジテレビが一歩リード!? 芸能プロも熱視線の画像1

 フィギュアスケートブームの火付け役である浅田真央が、現役引退を表明した。同時に、テレビ各局ではスポーツキャスターとしての獲得を目指し、争奪戦がスタート。先制したのはフィギュア中継に力を入れるテレビ朝日で、11日に緊急特番を放送。フジテレビは12日に、引退を決めた浅田に密着した特別番組を放送した。

 業界関係者によれば「先行したのはテレ朝ですが、番組は過去の映像がほとんど。有力なのはフジですね。フジは5年以上前から、真央サイドの取り込みに尽力していましたから。強力なルートを持っているそうです」という。不人気のフジにとって、真央は救世主となるのか?

 一方、引退後のタレント活動を見越して、芸能プロダクションも触手を伸ばしている。現在、真央は、姉の浅田舞も所属する世界的なスポーツマネジメント会社の「IMG」に所属しているが「同社の主な仕事はライセンスなどの権利業務。タレントとしてテレビ出演したいのであれば、日本の大手芸能プロと別枠でマネージメント契約することも考えられます」(スポーツ紙記者)。

 事実、2016年フィギュアスケート世界ジュニア女王の本田真凜や妹の望結、紗来の3姉妹が所属する大手芸能事務所オスカープロモーションは、一部スポーツ紙の取材に「現時点では獲得に動いていない」としながらも、「魅力がある存在であることは間違いない」と意欲を示している。

「CMオファーも殺到するでしょうね。国民的アイドルだけに、ギャラはトップ女優と並ぶ1本4~5,000万円は確実といわれています」(代理店関係者)

 真央の今後の進路は不明だが、プロスケーターとしてアイスショーに出演したり、フィギュアの魅力を伝える“宣伝役”を担うとみられる。引退後の人生は、バラ色のようだ。

最終更新:2017/04/14 08:00

電撃引退! 浅田真央“争奪戦”はフジテレビが一歩リード!? 芸能プロも熱視線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

フィギュアスケートブームの火付け役である浅田真央が、現役引退を表明した。同時に、テレビ各...
写真