日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 濱松恵暴露で『バイキング』ピンチ

濱松恵 vs 加藤紗里が原因!? 好調『バイキング』が直面する“終わりの始まり”

濱松恵 vs 加藤紗里が原因!? 好調『バイキング』が直面する終わりの始まりの画像1濱松恵オフィシャルブログより

 4月で放送丸3年を迎え、一部で「好調」と報じられたフジテレビ系昼番組『バイキング』(月~金曜午前11時55分)の雲行きが怪しくなってきた。

 放送開始当初は1%台の視聴率を連発する同局の“お荷物”だったが、途中から芸能ニュース主体の討論形式にリニューアル。これがハマり、今年1月には番組最高視聴率7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、一部スポーツ紙で「視聴率は4倍に!」と報じられた。

 ただし、内部関係者いわく「MCの坂上忍さんを筆頭に、舌鋒鋭いゲストが白熱した議論を繰り広げるから数字が良いかといえば、それは違います。実は数字が上がるのは、1週間のニュースを振り返るVTRコーナー。タレントの“腕”ではなく、スタッフが編集したVTRの“質”が好視聴率の要因なんです」とのこと。

 しかもそのVTRで、このほど大問題が発生。お笑いトリオ東京03・豊本明長との不倫で一躍時の人となった女優の濱松恵と、タレントの加藤紗里が一触即発の大ゲンカを繰り広げたのだ。ともに「炎上」「売名」とののしり合う2人は、まさに“水と油”の関係。10日放送の同番組で対面の様子が放送されたが、互いに罵声を浴びせ合い、何がなんだかわからないまま終了となった。

 すると、濱松が同日夜にブログを更新。

「彼女の方を向いて座っていたので、後ろは見えなかったのですが、彼女の言うセリフは決まっていて、私に見えないように、私の背後から彼女用のセリフのカンペを出して指示していました。←現場にいたマネージャーが確認して教えてくれました。彼女は指示されたセリフを言い、私だけが自分の言葉で1人で話さなければいけない状態。そもそもの趣旨は『彼女が私に昨年の事で文句がある』でした。なぜ予め用意されたセリフが必要なんでしょう。私にはセリフはないので、全て自分の言葉です」と、“ヤラセ対談”であったことを暴露した。

 前出の内部関係者も「『バイキング』の台本は細かく作られており、『ガチンコバトル』と銘打ちながら、どの方向に話が進んでいくか、あらかじめ決められています。当日、何を話すかわからないはずなのに、台本には演者のセリフまでちゃんと書かれているから笑っちゃいますよ。すべてがヤラセとは言えないまでも、デキレースが多いのは事実です」と同調する。

 ただでさえ、濱松と加藤という“お茶の間の嫌われ者”をキャスティングし、その上で対談がヤラセだったのならば、ひどい話だ。「視聴率4倍」のヨイショ記事の裏で、同番組の“終わりの始まり”がやって来ているのかもしれない……。

最終更新:2017/04/14 11:31
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed