日刊サイゾー トップ > 芸能  > 武田鉄矢が史上最強の水戸黄門に!?

武田鉄矢が提案した“史上最強の水戸黄門”にスタッフ大困惑!?「杖がヌンチャクや鎖鎌に……」

武田鉄矢が提案した史上最強の水戸黄門にスタッフ大困惑!?「杖がヌンチャクや鎖鎌に……」の画像1

“史上最強の水戸黄門”が誕生する──!?

 10月から放送される時代劇『水戸黄門』(BS-TBS)の主人公・水戸光圀に起用された武田鉄矢が“仰天プラン”を提案したことで、演出スタッフが困惑しているという。

 昨今は地上波から時代劇が消えており、BSとはいえ『水戸黄門』の復活を楽しみにしている時代劇ファンも多い。

「金八先生のイメージが強い武田ですが、庶民の味方であり、世直しの旅をする黄門さまもハマリ役となりそう。助さん、格さんなど、他のキャスティングはまだ調整中のようですが、『黄門』ファンからも、いっそのこと『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役だった田原俊彦や薬丸裕英にしたら? なんて声も聞こえてきます」(テレビ誌ライター)

 しかし、武田の“ある要望”をめぐって、スタッフとの間に亀裂が生まれつつあるというのだ。テレビ関係者が耳打ちする。

「どうも武田は“アクティブな黄門さま”を演じたいようなんです。歴代の黄門さまは戦いになると、助さん、格さんの陰に隠れて守られていることが多かったが、武田は過去作品との差別化を図るため、自らも戦う黄門さまにしたいと言いだした。打ち合わせの席では『杖が突然、ヌンチャクや鎖鎌に変わるような武器を使って殺陣をやってみたい』というプランを披露。挙げ句、印籠も見せないまま暴れまくるというのには、さすがに演出家もイライラしてきているといいます」

 時代劇好きの視聴者には高齢者も多く、老人が悪者たちをバッサバッサと打ちのめしていく姿は確かに痛快かもしれない。しかし一方で、“ありえない演出”が度を過ぎると、固定ファンからそっぽを向かれる懸念も大きそう。果たしてどんな黄門さまに落ち着くのか、見ものである。

最終更新:2017/05/12 10:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

武田鉄矢が提案した“史上最強の水戸黄門”にスタッフ大困惑!?「杖がヌンチャクや鎖鎌に……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

“史上最強の水戸黄門”が誕生する──!? 10月から放送される時代劇『水戸黄門』(BS-...
写真