日刊サイゾー トップ > 芸能  > 竹内まりや実家お家騒動に地元困惑

竹内まりや実家の「老舗旅館」お家騒動勃発か!? “レジェンド”5代目引退に地元困惑……

 縁結びの神様として知られ、女子旅の聖地となっている出雲大社。その参道にある老舗旅館「竹野屋旅館」の再建に、音楽界のレジェンド・竹内まりや(62)が乗り出したことが話題になっている。もともと「竹野屋」は竹内の実家。昨年、まりやが巨額の資金を投じてスタッフ総入れ替えと全面リニューアルをして船出したが、周辺では早くも暗雲が立ちこめているようだ。

 竹野屋は1877年に開業。出雲大社の参拝客だけでなく、皇族や芸能人なども利用する一流の宿として愛され、昭和の門前町を象徴するような風格ある建築が観光客の目を引いてきた。しかし、平成に入ってから大きく傾いた。1990年にJR西日本の大社線が廃止され、マイカー利用の観光客が急増。出雲大社から40キロほどの距離にあり、「美肌の湯」として有名な玉造温泉(島根県松江市)の旅館が次々とリニューアルし、女子旅や団体の宿泊客を奪われる形となった。

「ジュリーこと沢田研二・田中裕子夫妻をはじめ、結婚披露宴会場としても人気だったが、出雲市内にチャペルのある洋風の結婚式場ができ、古風な旅館をチョイスするカップルは激減した」(地元事情通)

 関係者によると、これまでまりやの実兄で5代目の当主が切り盛りしていたが、経営不振と後継者が見つからず、廃業を懸念したまりやが昨年秋から立て直しに乗り出して客室を改装。東京のコンサルを入れてホームページを一新したほか、ネットの旅行予約サイトにも対応するようになった。5代目は1月末に引退し、3月から竹内家以外の新経営陣で再出発した。

 一方で、地元記者は「経営環境は極めて厳しい」と指摘する。

「ドーミーインを展開する共立メンテナンスグループが出雲大社のすぐ近くにホテル2棟(全160室)を5月にオープンしたが、女子旅と旅行資金に余裕のあるシニア層がターゲットで、竹野屋と客層がかぶる。ホテル側には自前の温泉があり、こちらのほうが有利」(同)

 また、この一件を報じた「週刊女性」(主婦と生活社)の記事が波乱含みだ。同誌は「実家旅館『お家騒動』の真相」との見出しで「長男(前出の実兄)が5代目を継いでから、転落が始まった」と5代目批判を展開。まりやの再建計画を全面的に支持してみせた。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

竹内まりや実家の「老舗旅館」お家騒動勃発か!? “レジェンド”5代目引退に地元困惑……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...…
写真