日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西山茉希、“奴隷契約”告発が裏目に

西山茉希、“奴隷契約”事務所告発が裏目に!? 「報復におびえて地元に雲隠れ……」

西山茉希、奴隷契約事務所告発が裏目に!? 「報復に怯えて地元に雲隠れ……」の画像1西山茉希オフィシャルサイトより

 女優でモデルの西山茉希の所属事務所への“反旗”は、裏目に出てしまったようだ。

 6月6日発売の「女性自身」(光文社)で、西山自身が所属事務所との契約内容について「デビューから13年、昇給なし」「妊娠中に給料を半額にされた」「2月から給料が未払い」という“奴隷契約”だったことを告発。昨年11月には弁護士を通じて契約解除の意思を伝えたが、5月1日の仕事を最後にマネジャーも退社し、引退危機に追い込まれているという。

 これに対して、所属事務所社長は6日の情報番組『ビビット』(TBS系)の電話インタビューで反論。「子どもができてドラマの予定を飛ばした」「こっちが奴隷ですよ。西山が僕にかみついてきた感じですよ」「裁判になったら、これでもかっていうくらいやります」と徹底抗戦の構えだ。

「西山の所属事務所は大手芸能プロ系列といわれていますが、系列事務所の社長ともトラブルになっていたとの話もあり、芸能界の中心からは遠ざけられていた。西山は週刊誌に告白するにあたって、系列出版社の社長に相談して承諾を得ていたことで安心して、暴露に踏み切ったといいます。ところが、記事を見た大手芸能プロの社長は『なんでこんなことをペラペラしゃべっているんだ!』と大激怒。一転、西山は表舞台から締め出される可能性が高くなってしまった」(芸能プロ関係者)

 西山は報道後にインスタグラムを更新。現在は、連絡の窓口を弁護士にしているという。

「所属事務所社長の“報復”におびえてか、現在は2人の子どもを連れて地元に雲隠れしているようです。本人は『仕事がしたい』と話していましたが、後ろ盾がなくなったことで、このまま引退に追い込まれるのでは……」(芸能関係者)

 2005年にファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルとしてデビューするや「ポスト・エビちゃん」と呼ばれ、大ブレークした西山。熱心なファンも多いだけに、再び表舞台でスポットライトを浴びる日が来ればいいが……。

最終更新:2017/06/19 08:00
こんな記事も読まれています

西山茉希、“奴隷契約”事務所告発が裏目に!? 「報復におびえて地元に雲隠れ……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

女優でモデルの西山茉希の所属事務所への“反旗”は、裏目に出てしまったようだ。 6月6日発...
写真