日刊サイゾー トップ > 芸能  > 市川海老蔵会見の舞台裏
本日のオフレコ!

市川海老蔵会見で、一部マスコミがマナー無視の“やり得”状態!? 舞台裏はバタバタで、激しい怒号も……

市川海老蔵会見で、一部マスコミがマナー無視のやり得状態!? 舞台裏はバタバタで、激しい怒号も……の画像1

 約3年間のがん闘病の末、6月22日夜に亡くなった小林麻央さん(享年34)。夫の市川海老蔵は翌23日に緊急会見を開き、会場には記者が約400人詰めかける事態となったが、現場では一部マナーの悪い記者が目立っていたようだ。

「会見は午後1時30分から受付開始で、2時30分スタートの予定でした。ですが、会場となったシアターコクーンでは、海老蔵の昼公演があったことに加え、400人もの記者が集まったことで、現場が混乱。マスコミが会場に入り始めたのが会見開始約10分前と、押していたんです。仕切りをしていた松竹側としては、夜公演もあるためか、とにかく早く開始したかったようで、記者が入りきっていないのに、『もう始めます!』と強引に進めようとして『まだだよ!』と、マスコミ側から怒号を浴びせられるという、バタバタしたやりとりが何度か見られました」(ワイドショー関係者)

 海老蔵といえば、麻央さんの闘病期間中、自宅周辺を取材していたマスコミに向け、ブログで数度にわたり自粛を呼びかける異例の対応でも話題となり、さまざまな反響を呼んだ。この日も、“呼びかけ”に応じる気のないマスコミ関係者が一部いたという。

「会見直前に松竹側からスチールカメラマンに向け、フラッシュ撮影について“海老蔵が舞台に上がって話を始める直前まで”と、“話し終わって帰る瞬間のみ”というアナウンスがされていたんです。ところが、海老蔵が舞台に立ってから間を置かずに挨拶を始めたため、大半がフラッシュがやまず、一言終わってから、あらためてフラッシュなしに切り替える事態に。さらに一部のカメラマンは悪質で、係員が近寄って止めに入るまでフラッシュをたき続け、結果、海老蔵が涙を流したシーンでもフラッシュが使われていました」(同)

 また、こういったしんみりした会見にもかかわらず、携帯電話をマナーモードにしていない記者もおり、会見途中で場内に音楽が鳴り響く、緊張感に欠ける場面もあったようだ。

 もともと会見は5~10分間の予定だったというが、海老蔵は20分にわたって誠実に対応しただけに、マスコミ側のルール違反は後味の悪いものとなってしまった。

最終更新:2017/06/27 10:00

市川海老蔵会見で、一部マスコミがマナー無視の“やり得”状態!? 舞台裏はバタバタで、激しい怒号も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

約3年間のがん闘病の末、6月22日夜に亡くなった小林麻央さん(享年34)。夫の市川海老蔵...
写真