日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 波瑠、現場評は「信頼されている」
テレビ辛口研究所

『あなそれ』大ヒットも……ブログが物議の女優・波瑠、その現場評は「信頼されている」「すごい頑張り屋」

『あなそれ』大ヒットも……ブログが物議の女優・波瑠、その現場評は「信頼されている」「すごい頑張り屋」の画像1波瑠オフィシャルブログより

 波瑠主演のTBS系連続ドラマ『あなたのことはそれほど』が、6月20日放送の最終回で平均視聴率14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出した。「Wゲス不倫」で話題となり、中盤からじわじわと尻上がりに数字を上げ、最終回では自己最高の数値を記録。話題・数字ともに、見事ヒット作となった。

 ところで、同作において、嫉妬に狂う夫を演じた東出昌大が注目されたほか、何かと話題になったのは、不倫に走る美都を演じた波瑠である。

 序盤は、ネット上に「なんでこんな役、引き受けたんだ?」といったバッシングが続出。しかし、それをさらに盛り上げる形になってしまったのが、波瑠本人のブログでの「応戦」であった。

 例えば、5月3日のブログでは以下のようにつづっている。

「私は美都には共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない」

「こういう内容の作品ですからね。しょうもないとか馬鹿とか最低とか言われても、観て感想を抱いてもらうっていうことで私は報われるような気持ちです」

「けれど私は、自分が何か得をするためにこのお仕事をしてるつもりもないので、わかりやすい言葉で言うなら損の連続になったとしてもいいのです」

 世間のバッシングを正面から受け止め、挑発するようなブログは、大いに話題になった。さらに、最終回前日もまた、ブログでこんな投げやりとも思える記述をしている。

「天罰が下る? なんだかんだうまく収まる? どっちでもいいかな。自分とは関係ない夫婦のことだもの」

「自分が傷つけたわけでもない人に、それは間違いだとか、ひどいとか言われてもですし」

 ネットでのコメントなどをスルーすることのできない波瑠については、同情的な意見もある一方で、掲示板には「病んじゃってるw」「嫌な女だな」「なんか『あなそれ』のまんまのキャラやな」「ブログとかSNSやらんほうがいい人」「正しいこと言ってるけど、それでいいのかなあ」といった声が続出。すっかり「面倒くさい女優」のイメージが定着してしまっている。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真