日刊サイゾー トップ > 芸能  > 伝説のアイドル楽曲を再発見!

伝説のアイドル楽曲を再発見! 『昭和アイドルアーカイブス・岡田有希子編』参戦レポート

伝説のアイドル楽曲を再発見! 『昭和アイドルアーカイブス・岡田有希子編』参戦レポートの画像1当日の看板

 岡田有希子が亡くなってから、今年で31年目を迎えた。

 あれから色々なことがあったけれど、今、アイドル業界は華やかで、かつてないほどの盛り上がりを見せ、たくさんのアイドルたちが日々、歌ったり踊ったりしてファンを楽しませている。

 そんな中、昨年の9月から、一風変わったアイドルイベントが開催されている。

「昭和アイドルアーカイブス」。そんなタイトルで行われるのは、今から30年以上前のアイドルを取り上げ、その良さを再発見しようという試みだ。

 第一回の「キャンディーズ」をはじめ、斉藤由貴や「おニャン子クラブ」など、それぞれの楽曲の魅力やその時代の様子などを、参加したお客さんと一緒に探っていこうというイベントになっている。

 7月24日(月)、この日は、昭和アイドルアーカイブスの岡田有希子編が開催されるとのことで、参加した。

 実はこのイベント、告知がなされるとすぐにソールドアウトしてしまい、キャンセル待ちも出たほどだったという。今なお、多くの人に支持される岡田有希子の魅力とは何なのか、イベントを通して確認したいとの思いを抱えつつ、会場に向かった。

 開場となる19時前、神保町の楽器カフェには人の列ができていた。私も最後尾に並んで入場する。お客さんは50人ほどで、何人かはキャンセル待ちで入ったとか。場内には、岡田有希子の曲が静かに流れている。そしてお客さんは思い思いに、当時の思い出を語り合っているようだ。

伝説のアイドル楽曲を再発見! 『昭和アイドルアーカイブス・岡田有希子編』参戦レポートの画像2ゲストの3人。左から、西園みすず(さんみゅ〜)、橘はるか(Ange☆Reve)、新原聖生(さんみゅ~)

 19時30分、「ファースト・デイト」のBGMで、MCの橘はるか(Ange☆Reve)が登場。彼女はまだ若いながら、キャンディーズなどの昭和アイドルが大好きということで、このイベントのMCに抜擢されたという。

 続いて、このイベントの仕掛け人でもある、鈴木啓之、高島幹雄の両氏がステージに迎えられる。もう11回目の開催とあって、3人とも慣れた様子でトークが進む。

123

伝説のアイドル楽曲を再発見! 『昭和アイドルアーカイブス・岡田有希子編』参戦レポートのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

岡田有希子が亡くなってから、今年で31年目を迎えた。 あれから色々なことがあったけれど、...
写真