日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 100人にしかわからない本千冊  > オタサーの姫が殺されたバブル期
昼間たかしの100人にしかわからない本千冊 24冊目

パソコン通信で彼女ができる? アマチュア無線では“オタサーの姫”が殺されていたバブル時代

パソコン通信で彼女ができる? アマチュア無線ではオタサーの姫が殺されていたバブル時代の画像1「スコラ」(スコラ/1989年5月25日号)

「パソコン通信で、彼女ができる!!」

 ああ、これを読んでパソコン通信を始めたヤツもいたんだろうなあ~。そんな感慨に耽ってしまう記事が掲載されているのが「スコラ」1989年5月25日号。

 この記事読んでいるだけで、ホントにパソコン通信を始めたら彼女ができるんじゃないかというほどにテンションが高い。なにしろパソコン通信を「電脳空間に広がる一大ナンパワールド」と煽り、こんなふうに誘惑する。

「オタク」「暗い」といわれる代表的人種がパソコンマニアだったのはもう過去のこと。

 ちょっと待て、と思った。ナンパの一歩先であるセックステクニックやらを掲載しまくっていた「スコラ」を、当時パソコン通信をやるような人々が読んでいたのだろうか。少し考えて腑に落ちた。この記事の対象者は「オタク」でも「ネクラ」でもないナンパ大好きな男子たち。そんなヤツらの新たなナンパ目的の社交場としてパソコン通信を提唱しているというスタイルだったというわけだ。

 もはや、あらゆる機器がネットワークで接続された21世紀。もう誰もがスマホを用いてインターネットに接続するのは頭で考えなくてもできることになった。けれども、この時代は隔世の感がある。なにしろ電子メールひとつとっても、概念を理解させるのが大変だ。

 なので、会話形式での解説で次のように文章が綴られる。

「早速メールを送ってみよう」
「メールっていうのは?」
「ネットワークの中の郵便だ。特定の個人に送るもので、絶対他人には見られることがない」
「そっか。じゃあ『はじめまして。今なにやってるの? 今度ハチ公の前で待ち合わせしよう』と」
「アホか! そんなこと書いたって絶対だめだ。テレクラと勘違いしないように」

<中略>

「結構まだるっこしいんですね」

 当時は声掛けナンパの全盛期である。ナンパの利点は、学校や職場など、いつも身を置いているコミュニティと違ってしがらみがないというのが、まずひとつ。そして、即座にイエス・ノーの結果が出るというのがもうひとつ。テレクラも、その延長で隆盛したという側面があった。なので、ナンパに長けた者が新たな狩りの場所として開拓しようとすれば、パソコン通信のまだるっこしさに戸惑ったのではなかろうか。


12
こんな記事も読まれています

パソコン通信で彼女ができる? アマチュア無線では“オタサーの姫”が殺されていたバブル時代のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

”東京が怖いアイドル”王林を直撃!

「パソコン通信で、彼女ができる!!」 ああ、これを読んでパソコン通信を始めたヤツもいたん...
写真