日刊サイゾー トップ > 芸能  > 紗栄子ヨイショ記事は自作自演?

謎の“超ヨイショ記事”から垣間見える、紗栄子の「自作自演」セルフプロデュース力

謎の超ヨイショ記事から垣間見える、紗栄子の「自作自演」セルフプロデュース力の画像1紗栄子オフィシャルブログより

 さすがのプロデュース力だ。気づけばセレブイメージが定着している紗栄子の“超ヨイショ記事”が発売中の「女性セブン」(小学館)に掲載された。タイトルは「紗栄子 英国へ!天晴れ母の道 同棲マンションを出て――破局の全真相」。

 2人の息子が英国の名門私立校に合格したため、紗栄子は英国移住を決意。交際していた通販サイト「ZOZOTOWN」などを手掛ける「スタートトゥデイ」の社長・前澤友作氏とは、きれいさっぱり別れたという内容だ。

 同誌では、なぜか前夫でメジャーリーガーのダルビッシュ有との離婚で慰謝料が発生していないことや、被災地ボランティアに熱心に取り組んでいたことにも触れられている。

 極めつきは、英国に出国する彼女の姿を空港で捉えた写真。そこには真っ赤なスーツケースを引っ張り、ロングトレーナーにデニム、ニーハイブーツを身にまとった“ファッションリーダー”紗栄子の姿がバッチリ掲載されている。

 これらを見た週刊誌記者が、苦笑しながら次のように語る。

「空港の写真を見る限り、この日のこの時間に現れると事前にわかっていなければ撮れない。記事も気持ち悪いほど彼女のことが持ち上げられている。ダルビッシュとの離婚で慰謝料が発生していないことは事実ですが、じゃあ養育費の話にも触れろよ、と(笑)。これはもう彼女本人の持ち込み、もしくは極めて近しい関係者のリークがあったと疑わざるを得ません」

 まさかの自作自演!? 実は、紗栄子のこの手の話は今回が初めてではない。

 某写真誌デスクは「2011年にダルビッシュとの離婚騒動が勃発した時も、彼女は週刊誌の編集部に『知り合い』を名乗って、自分に有利になる情報をリークしていた。あくまで『知人』と称していましたが、話の内容からして本人であることはバレバレ。裏を返せば、そうした権謀術数に長けているのが彼女なんです」と明かす。

 ここまで成り上がったのも、そうした策を弄してきたからなのか。さすがの自己プロデュース力。売れないタレントは見習うべきだろう。

最終更新:2017/08/16 10:00
こんな記事も読まれています

謎の“超ヨイショ記事”から垣間見える、紗栄子の「自作自演」セルフプロデュース力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

さすがのプロデュース力だ。気づけばセレブイメージが定着している紗栄子の“超ヨイショ記事”...
写真