日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 原裕美子の万引きに関係者が証言

マラソン・原裕美子の万引き事件、関係者が「元選手が食べていくのは難しい」と証言も

マラソン・原裕美子の万引き事件、関係者が「元選手が食べていくのは難しい」と証言もの画像1公益財団法人日本陸上競技連盟公式サイトより

 人気マラソン選手の“第2の人生”は、あまりにも寂しいものだったようだ。大阪国際女子マラソンで優勝し、世界選手権でも入賞歴のあるマラソンランナー・原裕美子容疑者が万引きで逮捕された。

 栃木県警足利署によると、7月30日の夕方4時すぎ、セブンイレブン足利大月町店で飲料水や化粧品など8点、約2,700円相当を盗んだ疑い。原容疑者は容疑を認めているという。

 原容疑者を知るマラソン関係者は「原さんは最近、派遣社員をやっているというウワサだった」という。

「正直、マラソンランナーのセカンドキャリアは決して楽じゃないんですよ。一般的には、一定の実績があれば陸上部のある大企業で、引退後も社員として頑張れるって話だけど、陸上しかやってこなかった人が、そういう企業で周囲のエリート社員と同じように働くのはなかなか大変」(同)

 原容疑者も実業団で走ってきた身だが、約4年前に退社していた。足利市出身の35歳。高校卒業後に京セラに入社し、初マラソンとなった2005年の名古屋国際女子で初優勝を果たした。世界陸上でも日本トップの6位。07年の大阪国際女子で優勝、2時間23分48秒の記録で翌年の北京オリンピック代表に早々内定したが、悲運にも胃腸炎などの体調不良で選考レースが走れず、その後の不調で代表入りはならなかった。

 翌年に京セラを退社し、10年に小出義雄監督率いるユニバーサルエンターテインメントに入社。北海道マラソン優勝を果たしたが、座骨神経痛などの負傷が原因でそれ以上の成績は残せず、13年に退社。以降は各地の大会でゲストランナーを務めたり、市民ランナーのコーチをしていた。

 昨年、原容疑者のマラソン講座を受講した市民ランナーによると「年間5回で2万円、15人ぐらいの人が参加していました。1回3時間、ケガをしにくい走り方を教えてもらったんですが、さわやかな方で教え方も丁寧だった。全盛期だった頃より美人に見えた」という。

 ただ、前出関係者によると「そういう企画が年中たくさんあるわけじゃないから、本職をほかに持ちながら休日にやるアルバイトにしかならない」という。よほどの有名人でもない限り、フリーの元選手がマラソンで食べていくのは、かなり難しいようだ。

「盗んだものが生活用品だというなら、生活が苦しかったとしか思えない。それなら相談してほしかったし、あまりに悲しい」と関係者。

 原容疑者は最近、スポーツ用品メーカーとの契約で独自のサポーターを監修して発売間近だったというが、今回の事件でそれもお蔵入りとなってしまいそうだ。県内では知られた人物だっただけに、足利署内でも、かなり驚く署員がいると聞く。わずか3,000円足らずの犯行でかつての栄光に泥を塗ったのは、ファンにとっても悲痛に聞こえる事件だ。
(文=片岡亮/NEWSIDER)

最終更新:2017/08/19 18:00

マラソン・原裕美子の万引き事件、関係者が「元選手が食べていくのは難しい」と証言ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

人気マラソン選手の“第2の人生”は、あまりにも寂しいものだったようだ。大阪国際女子マラソ...
写真