日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジ日曜ゴールデンが大型特番枠に

なんとも無策のフジ! 『フルタチさん』「日9ドラマ」の廃止に伴い、日曜ゴールデン帯は大型特番枠に逆戻りの怪

なんとも無策のフジ! 『フルタチさん』「日9ドラマ」の廃止に伴い、日曜ゴールデン帯は大型特番枠に逆戻りの怪の画像1フジテレビ公式サイトより

 視聴率低迷が続くフジテレビが、10月改編で日曜ゴールデン帯の『フルタチさん』及び「日9ドラマ」を廃止することがわかった。注目の後番組は、3時間の大型特番枠『ニチファミ!』(午後7時~9時54分)だというから開いた口がふさがらない。

 フジでは昨年3月まで同時間帯に3時間特番『日曜ファミリア』を放送していたが、同4月より「日9ドラマ」が3年ぶりに復活したことに伴い、『日曜ファミリア』は2時間枠に短縮。さらに同11月から『フルタチさん』がスタートすることにより、同9月で終了した。

 同番組は主に制作費が安く上がるバラエティを中心に放送していたが、視聴率は6~7%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低迷。ゴールデン帯では禁断の5%割れすることもあり、最終回の『あのアスリートを一流にした劇的スイッチ!』は4.9%と、寂しく幕を閉じた。

『ニチファミ!』の第1弾は、『日曜ファミリア』でも放送していた『逮捕の瞬間!警察24時』で、番組内容は『日曜ファミリア』時代と大差ないとみられる。

 10月の改編でテコ入れを図るべく、新たな番組を立ち上げるのかと思いきや、タイトルが変わっただけの『ニチファミ!』では、まるで“無策”だ。

「日曜ゴールデン帯は、『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』を放送する日本テレビの独走状態です。そのほかに、NHK大河ドラマ、TBS日曜劇場もありますし、生半可な新番組では、とてもこれらの番組に対抗することはできません。爆死が予想されながらも、大型特番に逆戻りするフジのやり方は、まさに『闘わずして負けを覚悟している』と言われても致し方なく、単なる制作費の削減でしかありません。これでは、CMスポンサー探しも難航を極めるのでは?」(テレビ誌関係者)

 このフジの措置に、他局の関係者からは失笑も飛び交っているという。ちゃんと建て直しを図らなければ、日曜ゴールデン帯はテレビ東京にすら敗北を喫しかねないだろう。
(文=田中七男)

最終更新:2017/09/07 06:00
こんな記事も読まれています

なんとも無策のフジ! 『フルタチさん』「日9ドラマ」の廃止に伴い、日曜ゴールデン帯は大型特番枠に逆戻りの怪のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

ラバーガール全国ツアーへ!

視聴率低迷が続くフジテレビが、10月改編で日曜ゴールデン帯の『フルタチさん』及び「日9ド...
写真