日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室奈美恵の“屈辱の黒歴史”

「真ん中のヤツの顔、サルやん……」安室奈美恵がダウンタウンから受けた“屈辱の黒歴史”

 歌手の安室奈美恵が9月20日に更新した自身の公式サイトで、1年後の来年9月16日に引退することを発表し、日本中を驚かせた。

 安室は1992年にアイドルグループ「SUPER MONKEY’S」のメンバーとしてデビュー。95年にソロ活動を開始し、翌年にソロとしては史上最年少で日本レコード大賞を受賞。以後もヒット曲を連発し、シングル「CAN YOU CELEBRATE?」は売り上げ200万枚を、アルバム『SWEET 19 BLUES』は300万枚を超える大ヒットとなったほか、彼女のファッションを真似た女性を指す「アムラー」は社会現象にまでなった。

「今年の9月16日、17日に開催されたデビュー25周年の沖縄ライブでは、約2時間ぶっ通しで歌とダンスを披露。ソロデビュー曲『太陽のSEASON』や、『SUPER MONKEY’S』時代のデビュー曲を22年ぶりに歌い上げたのも、引退を見越してのことだったのでしょう」(音楽関係者)

 引退発表は日本のみならず世界中から注目されたが、そんな安室には、海外のファンが知ったら仰天するようなデビュー時の屈辱的な“黒歴史”が存在する。芸能ライターが明かす。

「沖縄から上京してきた彼女は、グループのメンバーと共に寮で一緒に生活していた。ある日、メンバーみんなで『ガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)を見ていたときのこと。ダウンタウンのフリートークのコーナーで、世間的に注目を浴び始めていた『SUPER MONKEY’S』に話が及んだ。安室はグループのセンターだったものの、扱いはほかのメンバーと同列だったためか、ダウンタウンから『あれ、真ん中のヤツ(安室)の顔、サルやん』と酷評されてしまった。それを聞いた安室を含む全員が、無言でそれぞれの部屋に戻っていったといいます。その後、ダウンタウンがMCを務めていた『HEY!HEY!HEY!』(フジテレビ系)に彼女が出演した際、その件について平謝りされたそうです」

 もしかすると、「いつかダウンタウンを見返してやる」という反骨心が、芸能史に残る歌姫を誕生させたのかも!?

最終更新:2017/09/25 06:00
こんな記事も読まれています

「真ん中のヤツの顔、サルやん……」安室奈美恵がダウンタウンから受けた“屈辱の黒歴史”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...…
写真