日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 元AKBのグアムツアーが物議!

元AKB48“スキャンダル発覚メンバー”と行くグアムツアーが物議! 18万8,000円は「高すぎ!?」

元AKB48スキャンダル発覚メンバーと行くグアムツアーが物議! 18万8,000円は「高すぎ!?」の画像1
ツアー公式サイトより

 

 今年、AKB48を卒業した大島涼花と大和田南那と行く海外ツアー「大島涼花×大和田南那 一足早いクリスマス in グアム」の価格設定が物議を醸している。

 3泊4日の同ツアーは、初日に2人のトークセッションを含むウェルカムパーティーが開かれるなど、連日、何かしらの交流イベントを予定。さらに特典として、サイン入りチェキや、早期申込者限定で2人からのクリスマスプレゼントも付いてくるという。

 そんなファンには嬉しい企画だが、ツアー料金は成田発着で18万8,000円。さらに、燃油サーチャージや、現地出国税などを足すと、19万6,610円となる。

 これに対し、ネット上では「高すぎる」「自由行動、多すぎ」「これ、ヲタのこと財布としか思ってないだろ」といった声が上がっている。

「飛行機の時間やホテルのグレードも悪くないですし、計3回の食事やイルカウォッチングツアーなども付いていますから、これを高いと取るか安いと取るかは、人それぞれなのでは? ちなみに、元AKB48・高橋みなみが6月に開催した2泊3日の沖縄ファンクラブツアーは、羽田発着コースで16万6,000円。現地沖縄のホテル集合解散でも12万円の高額設定でしたが、参加者の満足度は高かったようです。いずれにせよ、18万8,000円は1,000円のCDに換算すれば188枚ですから、選抜総選挙で大金をつぎ込んできたファンにとっては“安い”と感じるかもしれません」(芸能記者)

 とはいえ、大島と大和田といえば、卒業前に騒動を起こした“いわく付き”。大島は、4月に本人の“裏アカ”と思しきインスタグラムのアカウントが流出。同アカウントは、「きもおおおお」と特定のファンをバカにするような投稿や、ジャニーズJr.の鈴木舜映との密接な繋がりを窺わせる動画が見受けられた。

 一方、大和田は、昨年10月、少年隊・植草克秀の長男で俳優の樋口裕太とのダブルデートが報じられ、同時に、当時17歳にして深夜2時過ぎに出歩いていたことも発覚。このほかにも、大和田のものらしき“裏アカ”がジャニーズJr.のメンバーと繋がっていると大騒ぎになるなど、スキャンダルが続いていた。

「2人に限らず、卒業生はなんとかファン離れを食い止めようと必死。旅行以外にも、バースデーパーティーなどのファン交流イベントでチェキを売ったりと、“元AKB48”の肩書にしがみついて細々と活動している元メンバーは多い。2人の場合、今回のように話題になるだけでもいいほうなのでは?」(同)

 昨年の選抜総選挙では、「こんな私でも、好きでいてくれますか?」というキャッチコピーを掲げていた大和田。スキャンダルを乗り越えた今、どれだけのファンが南の島に集まるだろうか?

最終更新:2018/12/11 12:16

元AKB48“スキャンダル発覚メンバー”と行くグアムツアーが物議! 18万8,000円は「高すぎ!?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真