日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 桐谷美玲が番組で“エロワード”連呼

これは神回! 桐谷美玲の“直接的エロワード”連呼が、視聴者の股間をズキューン!

これは神回! 桐谷美玲の直接的エロワード連呼が、視聴者の股間をズキューン!の画像1

 清純派女優・桐谷美玲の口から飛び出る“禁断ワード”が、男性視聴者の股間にズキューンだ。

 9月26日放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に、キャスターとして登場した桐谷。この日、彼女が紹介したのは、「蚊に刺されやすい妹を助けるために高校生の兄が蚊の生態を徹底研究! 大学教授も認める結果とは……」というもの。妹だけが蚊に刺されることをことに興味を持った16歳の高校生が、蚊の研究を開始。その結果、刺されやすい人は足の裏の菌が多いことがわかった。菌が作り出す微量の物質が蚊を興奮させているといい、あちこちで交尾まで始めたという。

「そのため、ナレーションを務める桐谷の口から、何度も『交尾』という単語が発せられたんです。実際に蚊が交尾している映像と共に、彼女が『交尾』と連呼。その響きに、一部の男性視聴者の股間が反応。ネット上では『桐谷が交尾、交尾って連呼する神回』『なんだか萌えた』『彼女に交尾って言わせるZERO、絶対に許さないからな』と、蚊以上に興奮したコメントが書き込まれました」(芸能ライター)

 女優とキャスターの二足のわらじを履く桐谷には、「清純」「インテリ」のイメージがあるため、彼女が真顔で「交尾」を連呼したことに驚きを持った人が多かったようだ。

「素顔は気さくな桐谷ですが、事務所的に『エロ』と絡めるのはご法度。バラエティ番組でアキラ100%のお盆芸を披露したり、ラジオでリスナーのエロ本話や妄想話を読み上げることはありましたが、乗っている感じを出しつつも、絶対に直接的な単語は使わない。『ZERO』のスタッフは、よくあの原稿を読ませたと感心しました(笑)」(芸能記者)

 これを機に、さらなる禁断ワードにも挑戦してもらいたいものだ。

最終更新:2017/10/01 06:00
こんな記事も読まれています

これは神回! 桐谷美玲の“直接的エロワード”連呼が、視聴者の股間をズキューン!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

清純派女優・桐谷美玲の口から飛び出る“禁断ワード”が、男性視聴者の股間にズキューンだ。 ...
写真