イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

嵐、2020年で活動休止!

SMAPに続き、嵐まで…ジャニーズ事務所はどうなる!?
写真

人気連載

怪演が話題!白石聖の神聖オーラ

 土曜夜11時40分からフジテレビ系の「オト...…
写真

ドラマレビュー

菅田将暉に生徒がガチ泣き

 2月10日放送の『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の第6話。...…
写真


日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > フジテレビによる定型謝罪は、メディアの差別問題を放置するのと同じ
【wezzy】

フジテレビによる定型謝罪は、メディアの差別問題を放置するのと同じ。とんねるず「保毛尾田保毛男」が不快だからダメなわけじゃないということ

 9月28日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP【タモリたけし&みやぞん】』(フジテレビ系)で、28年ぶりにとんねるず・石橋貴明ふんする「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」を復活させたことに対し批判が殺到した件は、フジテレビ・宮内正喜社長による迅速な謝罪によって、事態は収束しつつあるように見える。

 本件については各種媒体で取り上げられた。wezzyでも「とんねるず“保毛尾田保毛男”が深刻な差別を孕んでいると気付かないフジテレビの愚行」を放送翌日に掲載している。

 以前「出川哲朗が『最も辛かった』と振り返る20年前のゲイ差別ロケを、いまだ笑い話にする日本テレビの変わらなさ」という記事で、1995年に放送された『解禁テレビ』(日本テレビ系)でゲイへの偏見を助長する差別的な番組企画が取り上げられ、抗議が起きていたことを紹介した。日本テレビ側は、抗議を行ってきた団体に対して、放送からおよそ3カ月後に事実上の謝罪をしている。そのことを考えると、フジテレビの対応は驚くほど迅速だったといえる。なお『とんねるずのみなさんのおかげでした』のFacebookやInstagramでは、本件について何の言及もされていない。

 しかし単純に「20年の間にこれだけの進歩があったのだ」と言えるようなものではない。20年の間に進歩したのは、「迅速な謝罪」という火消し対応マニュアルでしかなかったのではないか。

 他誌報道によれば、宮内社長は定例会見において以下のように発言をしていたそうだ。

「30周年スペシャルということで、30年間のキャラクターに(ビート)たけしさんが加わって展開した。もしこの時代と違っていて、見た人が不快な面をお持ちであれば、テレビ局として大変遺憾でおわびしなければならない」

 またフジテレビの広報が「差別の意図はなかった」とも回答したという報道もある。

 「時代と違っていて」「不快な面をお持ちであれば」「差別の意図はない」といった言葉は、企業が読者や消費者、視聴者に対して謝罪を行う際に頻出する言葉だ。これらは近年使われるようになった言葉ではない。先に紹介した『解禁テレビ』の事例でも、まさに「不安感を与えた」「配慮が欠けていた」「差別の意図はなかった」と言葉を入り混ぜながら謝罪を行っている。

 「時代が違う」と言うが、いまようやく長い間声をあげ続けてきた人びとの声に社会が耳を傾けるようになってきたのであって、当時もこうしたキャラクターに傷ついてきた人がいた。「昔はよかったけれど、今はダメ」ではなく、「今も昔もダメ」なのだ。そもそも「時代は違う」と認識しているはずなのに、差別的な企画は様々な番組で流されているのはどういうことなのだろう。

改ページ

フジテレビはスタートラインにも立っていない

 また差別は「意図の有無」が問題ではない。どちらであっても差別は差別に変わりないのだ。フジテレビが行うべきは「意図が無かった」ことで弁明をするのではなく、批判されている企画が差別的であったかどうか、そしてなぜ差別であるのか、意図しない差別を行ってしまった原因を検証することだ。

 そして差別を「快/不快」の問題に矮小化させてはいけない。多くの人にとって「快」であったら問題ない、誰か一人でも「不快」にさせてしまったから問題という話ではないのだ。

 フジテレビがいう「不快な思い」の先には、差別があり、そして差別による排除や不当な扱いが存在する。快/不快を超えた、ときに直接的に生存に関わる重大な問題になり得るのだ。お決まりの定型文で謝罪をすることで済ませられるような話ではない(企業の「不快な思い」という言葉を使った謝罪については、ライター・マサキチトセ氏の記事「『不快な思い』とは何か 日本マクドナルドの対応から考えるメディアと差別の関係」を参照されたい)。

 フジテレビ報道局社員で元アナウンサー・阿部知代は、ツイッターにて以下のように発言している(阿部は、フジテレビの社屋をレインボーカラー照らす企画を行った『ホウドウキョク』に出演している)。

社長が謝罪して終わりではない。これをきっかけにもっと学び声を上げてゆかなければ。社内のアライを増やさなければ。同じことを繰り返さないために。
迅速に連携し抗議文を送ってくださったみなさまに感謝します。
何より、傷つけてしまった方、不愉快な思いをされた方すべてに心からお詫びします。

— Chiyo Abe (@abechiyo_Ho) 2017年9月30日

 定型文の謝罪を行うことで「手打ち」とされてしまえば、今後も類似の企画が行われ続けることになるだろう。また「なぜ問題なのか」を検証することなく、「口うるさく批判されるから」を理由に企画が行われなくなることは、差別問題が解決することにもならない。問題を解決するためのスタートラインにすら立てていないのが現状なのではないだろうか。

 レインボーカラーを掲げるだけなら、口だけの謝罪を行うだけなら、誰にだってできる。「今後の番組作りに生かしていく」と回答しているフジテレビは、どのように生かしていこうと考えているのだろう。問題が起きるたびに、批判が殺到し、迅速な謝罪が行われるという段階からいい加減抜け出さなければならない。
(wezzy編集部:カネコアキラ)

最終更新:2017/10/04 07:15
こんな記事も読まれています

フジテレビによる定型謝罪は、メディアの差別問題を放置するのと同じ。とんねるず「保毛尾田保毛男」が不快だからダメなわけじゃないということのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

グッドワイフ

TBS/日曜21:00~

 常盤貴子、19年ぶりの日曜劇場主演!

グッドワイフ

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

日本テレビ/日曜22:30~

教師・菅田将暉が生徒を人質に学校に立てこもる!

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

トレース~科捜研の男~

フジテレビ/月曜21:00~

錦戸亮が“科捜研の男”に!

トレース~科捜研の男~

後妻業

フジテレビ/火曜21:00~

木村佳乃がコッテコテの関西弁で「悪女」に!

後妻業

初めて恋をした日に読む話

TBS/火曜22:00~

“残念なアラサー女子”深キョンが3人の男から……!?

初めて恋をした日に読む話

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

家売るオンナの逆襲

さすらい温泉 遠藤憲一

テレビ東京/水曜01:35~

遠藤憲一、俳優を引退して温泉宿の仲居に!?

さすらい温泉 遠藤憲一

刑事ゼロ

テレビ朝日/木曜20:00~

記憶喪失の刑事・沢村一樹が事件解決のために奮闘!

刑事ゼロ

ハケン占い師アタル

テレビ朝日/木曜21:00~

杉咲花が「新・働き方改革」の救世主に

ハケン占い師アタル

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

フジテレビ/木曜22:00~

竹内結子が6年ぶりの地上波連ドラ主演!

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

メゾン・ド・ポリス

TBS/金曜22:00~

新米刑事・高畑充希が5人のおじさんに振り回される

メゾン・ド・ポリス

イノセンス 冤罪弁護士

日本テレビ/土曜22:00~

坂口健太郎が「冤罪弁護」に挑む!

イノセンス 冤罪弁護士