日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジの“差別・いじめ”バラエティ史

保毛尾田保毛男の大炎上だけじゃない!? “非常事態”フジテレビの「差別・いじめ」バラエティ史

保毛尾田保毛男の大炎上だけじゃない!? 非常事態フジテレビの「差別・いじめ」バラエティ史の画像1

 もう何度目になるのか。またしてもフジテレビが炎上している。

『とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP』において、往年の名物キャラクター、石橋貴明扮する「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」が30年ぶりに復活。同性愛者を揶揄するかのようなデフォルメされたキャラクターの登場に、抗議が殺到し、社長が謝罪する騒動が起きている。LGBTはじめ、マイノリティに対する人権意識が高まりつつある今日においては、許される表現ではないのは明らか。

「かつてフジテレビは、とんねるずの保毛尾田保毛男以外にも『ボキャブラ天国』ではゲイ関係の投稿ネタを多く流していました。さらに同番組に出演していたバレーボールの全日本代表で体育系大学出身の川合俊一が“それっぽい経歴と素行”ということでゲイ疑惑がイジられていましたね。男性同性愛者はバラエティ番組で一貫してネタにされてきたといえるでしょう」(業界関係者)

 1990年代には『進め! 電波少年』(日本テレビ系)においても、ゲイ雑誌編集部に突撃するなど配慮を欠いた演出が多く見られ、フジテレビだけでなくテレビ業界全体に問題があったともいえるだろう。だが、フジテレビだけが往年の「面白ければ何でもアリ」のノリを引きずっているのではないか。

「打ち切り寸前といわれる『めちゃ×2イケてるッ!』では、2000年から01年にかけて放送されたコーナー『七人のしりとり侍』において、負けたメンバーが野武士に暴行される場面がいじめや暴力を助長するとの抗議を受けて打ち切りとなりました。放送が問題視されるようになると『皆もしりとりの練習のみ 乱暴な真似はしてはならない』といった注意喚起をうながしましたが、そもそもの企画意図に問題があったといえるでしょう。『めちゃイケ』では11年の『27時間テレビ』内でも、バスケット企画でナインティナイン岡村にボールをひたすらぶつける場面が問題視されました」(同)

 フジテレビは、今回謝罪を行った宮内正喜新社長によって「非常事態」が宣言されている。この危機を脱するための一手は、悪ノリを引きずったままの『みなおか』『めちゃイケ』両番組の打ち切りしかあるまい。
(文=平田宏利)

最終更新:2017/10/05 06:00
こんな記事も読まれています

保毛尾田保毛男の大炎上だけじゃない!? “非常事態”フジテレビの「差別・いじめ」バラエティ史のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

もう何度目になるのか。またしてもフジテレビが炎上している。『とんねるずのみなさんのおかげ...
写真