日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清水良太郎はカムバックする?

松本人志「気色悪い」とばっさりも……ものまね界はカムバックが容易!? 清水良太郎容疑者の今後

松本人志「気色悪い」とばっさりも……ものまね界はカムバックが容易!? 清水良太郎容疑者の今後の画像1

 覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたタレントの清水良太郎容疑者に対し、芸能界の大物芸能人から厳しい声が相次いでいる。

 15日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』に出演したダウンタウンの松本人志は、「この息子は気色悪い」とばっさり。「やっていることがめちゃくちゃ」「前回の闇カジノの時のうやむや感も、僕の中では正直、アウトでしたけど、今回の件で合わせて一本ですね」と切り捨てた。

 また、16日の同『とくダネ!』では、小倉智昭キャスターが「短期間に2度こういうことがあって。最初のは起訴されていないとしても、印象が悪すぎますよ」とコメント。15日放送のTBS系『アッコにおまかせ!』に出演した和田アキ子は、父親・清水アキラの会見に対し「二十歳過ぎて親が出て行かなきゃダメなのかな」と疑問を呈し、良太郎容疑者については「ほっときましょう」と突き放した。

 また、15日の同『サンデージャポン』では、テリー伊藤が「良太郎、そうとうタチが悪い」と切り捨て、「ヤクザもんの男がね、高校生にクスリを飲ませるのと一緒。相手はどういう人かわからないし、見たこともない人でしょ? その人にクスリを飲ませるってことは、過去にもやっているよね。普通、クスリをやってる時って、警戒心がある。その警戒心を自分の中で忘れるぐらい、ハマッているってこと」と常習性を疑った。

「謝罪会見を開いたアキラは、息子を芸能界には戻さないような口ぶりでしたが、良太郎容疑者がカムバックする可能性は十分あるでしょう。ものまねタレントの活動は、テレビなどの大メディアよりも、地方のお祭りやスパ施設のステージなどのドサ周りがメーン。その収入は、ほとんどテレビに出ていないものまねタレントであっても、かなりのものになるとか。主催者さえOKを出せば営業が可能なため、再出発しやすいジャンルといえそう」(芸能記者)

 とはいえ、2月の違法賭博疑惑騒動が蒸し返されていることもあって、現状、袋叩き状態となっている良太郎容疑者。ネット上では、逮捕劇を予想していたかのような歌手・美川憲一の“預言者っぷり”が話題だ。


12
こんな記事も読まれています

松本人志「気色悪い」とばっさりも……ものまね界はカムバックが容易!? 清水良太郎容疑者の今後のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...…
写真