日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > アンガ・田中、ついに御開チン!?

“都市伝説”はホントだった! アンガールズ・田中卓志の「巨根」が、ついに御開チン!?

都市伝説はホントだった! アンガールズ・田中卓志の「巨根」が、ついに御開チン!?の画像1アンガールズ 田中卓志オフィシャルブログより

 巨大イチモツをめぐる都市伝説が、一つ解明されることとなった。芸能界でウワサとなっていた、お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志の巨根が、有名文筆家や有名芸人らが見守る中、ついに白日のもとにさらされ、実証されたという。

 これまで、田中の巨根をめぐっては「西のほっしゃん(星田英利)、東の田中」と言われるほど有名な伝説となっていた。その隠されていたイチモツが、ついに多くの立会人が注目するなか、ベールを脱いだのだ。

 芸能関係者は「先日、田中さんが出演した地方局のバラエティー番組のロケの合間に、出演者同士で田中の巨根伝説の話題となり、共演していた元AV嬢で作家の鈴木涼美さん、お笑い芸人・千原ジュニアさんらが立ち会う中、田中さんがイチモツを披露することになったんです。田中さんは相当、恥ずかしそうにしていてシブシブといった感じだったんですが、千原ジュニアさんがノリノリでハシャいで、あおっていました。実際、パンツをズラして通常時のモノを見せたのですが、これまで数々のイチモツを見てきた鈴木が『すごい』『他と比べても大きい』と認定。感嘆の声が上がり、盛り上がりましたよ」と解説する。

 田中といえば、2002年にアンガールズとしてデビュー。『エンタの神様』(日本テレビ系)などのお笑い番組で「ジャンガ、ジャンガ」というフレーズで締めるネタがウケて人気芸人に上りつめた。スペックとしては、185センチを超える高身長に加えて、国立広島大学工学部卒業の高学歴で大手住宅メーカーに就職が決まっていたほどの明晰な頭脳があり、なにより貯蓄額が約1億円というほどの高収入で、バブル期でいう「3高」の持ち主。

 一方で、頭のハゲ方やしゃべり方がキモいと言われ、女性週刊誌「週刊女性」(主婦と生活社)の人気企画「抱かれたくない男グランプリ2017」では、見事、出川哲朗を抜いて1位を獲得してしまった。

 前出の芸能関係者は「田中さんはもう41歳。両親を喜ばせることや、老後のことを考えて本人は結婚したがっていますが、残念ながら女性に対する理想が高すぎて、これまでいい縁に恵まれてこなかったようです」と明かす。

「3高」プラス巨根の持ち主という武器を持ちながら……。宝の持ち腐れと言われても仕方がないのかもしれない。

最終更新:2017/10/24 06:00
こんな記事も読まれています

“都市伝説”はホントだった! アンガールズ・田中卓志の「巨根」が、ついに御開チン!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

巨大イチモツをめぐる都市伝説が、一つ解明されることとなった。芸能界でウワサとなっていた、...
写真