日刊サイゾー トップ > 芸能  > デヴィ夫人、ギャラ交渉していた

デヴィ夫人被害の横領事件の予兆 「急にギャラ交渉するようになった」と関係者談

デヴィ夫人

 タレントのデヴィ夫人が代表を務める個人事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」の経理担当・辻村秀一郎容疑者(60)が、同事務所の預金口座から60万円を引き出し着服した業務上横領の疑いで警視庁に逮捕された。辻村容疑者は、容疑を否認しているが、デヴィ夫人によると被害総額は2億6,000万円以上に及ぶという。

 同容疑者は、「オフィス・デヴィ・スカルノ」の経理担当として都内会計事務所から2011年2月に派遣。その後、「オフィス・デヴィ・スカルノ」と個人契約に切り替え、5年半にわたり同事務所の経理を担当していた。

 事件は16年9月に、取引先の銀行から指摘される形で発覚。警視庁によると、容疑者は少なくとも300回にわたり1億7,000万円を横領していたというが、長年の間、デヴィ夫人はその事実に気づかなかったという。しかし、テレビ番組制作会社の関係者はこんな裏話を明かしている。

「実は、去年くらいから、なぜだかデヴィさんの事務所の方から急にギャラ交渉を持ちかけられるようになったんですよ。“もう少しギャラを上げてくれないか”という話で、お金に困っているのかなぁと周囲でもウワサになっていましたね」

 ギャラ交渉をすること自体は特に珍しいことではないが、それまでギャラの話などほとんどしなかったデヴィ夫人サイドから、そんな話題が出たこと自体に驚いたのだという。

「セレブなイメージということもあって、お金にはまったく困っていないというのがデヴィ夫人に対する印象。そもそもバラエティー番組には引っ張りだこだし、イベント営業なども多く、芸能活動の収入も相当な額になっているはず。にもかかわらず、ギャラの引き上げを画策していたということは、実際は結構な火の車だったのかもしれません。横領事件のダメージがかなり大きかったのでしょう」(前出関係者)

 これまでは大金持ちキャラだったデヴィ夫人だが、今回の事件をきっかけに貧乏キャラに変わってしまうかもしれない?

最終更新:2017/11/05 12:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

デヴィ夫人被害の横領事件の予兆 「急にギャラ交渉するようになった」と関係者談のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真