日刊サイゾー トップ > 芸能  > 竹内涼真の“ババ殺し”テクニック

いま最も旬な男・竹内涼真の驚くべき“ババ殺し”テクニックとは

『竹内涼真 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-304』(ハゴロモ)

  いま最も旬な俳優といえば、竹内涼真だろう。「日経トレンディ」(日経BP社)が選ぶ「2017年のヒット人」にも選出。朝ドラ『ひよっこ』(NHK)で製薬会社の御曹司・島谷純一郎を演じて大ブレークを果たし、現在はTBS系『陸王』で期待の新人ランナー役を演じている。CMにも引っ張りだこで「薬用ビューネ」や「ソフトバンク」など、有名企業からオファーが次々と舞い込んでいる。

 プライベートでは、アイドルグループ「恥じらいレスキューJPN」の里々佳との熱愛が先月5日発売の「女性セブン」(小学館)で報じられたが、彼の人気はいささかも衰えていない。

 スポーツ紙記者は、その理由について「竹内のファンは30代より上の世代に多い。この層は『そりゃあ、あれだけイケメンなら、恋愛の1つや2つはあるよね』と潔い。丁寧なファンサービスも好感を得ている。しばらくは、彼の時代が続くでしょう」と語る。

 所属事務所のホリプロも、今が売り時とばかりに、仕事を入れまくっている。それでも本人が不満を言うことはないというから、相当の覚悟だ。竹内を取材したことのある女性ライターは、彼の魅力について次のように語る。

「とにかく感じがいいですね。受け答えも事務所が用意した“お手本回答”ばかりではなく、きちんと自分の言葉で返ってくる。例の熱愛報道を意識したイジワルな質問にも、嫌な顔せず応じてくれました」

 驚いたのは、取材後の“おもてなし”だったという。

「彼が『せっかくこういう場を設けていただいたので……』と、書籍にサインをして渡してくれたんです。それも現場スタッフ全員に。後日、お礼の手紙が来た編集者もいるそうです。『ババ殺し』と言われるゆえんが、わかる気がしました」(同)

 少し売れ始めると天狗になる俳優が多いなか、竹内はそのままでいてほしいものだ。

最終更新:2017/11/09 06:00

いま最も旬な男・竹内涼真の驚くべき“ババ殺し”テクニックとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

ダンサー君島かれんの野望

 グラマラスなボディを武器に、全国各地のクラブのステージで扇情的に踊ってきた川崎市出...
写真