日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高嶋政宏が明かした“奇人伝説”

舞台上で、こっそりタッパーにオシッコ! バラエティに引っ張りだこの高嶋政宏が明かした“奇人伝説”

東宝芸能オフィシャルサイトより

 普段は素を見せない役者がバラエティに出演すると、思いもよらない個性が爆発し、想定外の化学反応を起こすことがある。

 田辺誠一の天然、唐沢寿明の饒舌、山田孝之の狂気については、もはやお馴染みだろう。

 加えて、最近は高嶋政宏がバラエティから引っ張りだこだ。

 

■舞台上、美輪明宏の横でバレないようにオシッコしたと告白

 

 11月5日放送『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に、高嶋政宏が出演した。今回、改めて掘り起こされた高嶋の素性は、やはり強烈だった

 まず、彼は日課として「トイレ1日30回」を挙げている。というのも、高嶋は1日に6~8リットルの水を飲むらしい。この情報を受け、司会の堀尾正明が「新陳代謝が良くなるってことですね?」と質問すると、高嶋は「今、チンチン代謝って言いました?」と真顔で聞き返すから、どうしようもない。

 それにしても、そんなにも大量の水を飲み、そんなにもしょっちゅうトイレへ行くだなんて、生活に支障をきたしていないのだろうか?

「ここだけの話ですけど、一幕がすごく長い舞台があって、美輪(明宏)さんが芝居してる横で、テーブルの下にタッパーを出して(小便を)やって。袖じゃなく、舞台上で。美輪さんは知らないですね。あれ、なかなか出ないもんだね。お客さんいるでしょ?」(高嶋)

 すごいエピソードである。

 

■受験会場で、ガムの盗み食いをはたらく

 

 ゲストの知られざる生い立ちや、今までの人生を振り返るのが、この番組の恒例。振り返ると、どうやら高嶋は幼少期から凄かったらしい。昭和のスター・高島忠夫と寿美花代の愛情を受けて育った彼は、慶應義塾幼稚舎を受験している。

「何度も何度も、慶應の教授といろいろ食事会をやってましたよ」(高嶋)

 しかし彼、満を持して挑んだお受験に不合格してしまっている。高嶋が臨んだのは、用意された小部屋に入り、そこにある物を筆記用具を使わずに記憶、戻ってきたら、それらを書き出すというテストである。

「入ったら、部屋にガムがあったんですよ。『食べたいなあ、1枚くらいいいかなぁ』と思って、それを食べて。バレないように自分ではしてたんですけど、その時、妙に試験官の目が鋭かったんです」(高嶋)

 なんと、高嶋の不合格の原因は「ガムの盗み食い」だった……。

「それ以来、『なんか、あの人と相性悪いな』と思ってプロフィールを見ると、だいたい慶應を出てるんですよ」(高嶋)

 すごい言い草だが、不思議と笑ってしまう。好意的に捉えれば、愛すべき人物像に感じなくもない。育ちの良さゆえだろうか?


12
こんな記事も読まれています

舞台上で、こっそりタッパーにオシッコ! バラエティに引っ張りだこの高嶋政宏が明かした“奇人伝説”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...
写真