日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジの深田恭子ドラマが爆死か

“フジの死に枠”で深田恭子&松山ケンイチが新ドラマ! 「セシっちゃうんじゃ?」の声

フジの死に枠で深田恭子&松山ケンイチが新ドラマ! 「セシっちゃうんじゃ?」の声の画像1
深田恭子

 深田恭子と松山ケンイチというホリプロを代表する俳優2人が、“妊活”に向き合う夫婦を演じるヒューマンドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)が1月にスタートする。これに、「大コケ要素が多すぎる」との声が上がっている。

 同作は、入居者が共同で作り上げる集合住宅「コーポラティブハウス」を舞台に、妊活に向き合う夫婦をハートフルに描くオリジナル作品。放送枠は、浅野忠信主演『刑事ゆがみ』を放送中の「木曜劇場」で、2人が夫婦役を演じるのは、松山主演のNHK大河ドラマ『平清盛』以来だという。

 脚本は、かつて同枠で放送された篠原涼子主演『ラスト・シンデレラ』、石原さとみ・松下奈緒主演『ディア・シスター』を手掛けた中谷まゆみ氏。プロデュースや演出は、同枠の桐谷美玲主演『人は見た目が100パーセント』などを手掛けたスタッフが務めるという。

「『木曜劇場』は、2015年の真木よう子主演『問題のあるレストラン』以降、何をやっても数字の取れない“死に枠”。昨年は、松嶋菜々子主演『営業部長 吉良奈津子』、天海祐希主演『Chef~三ツ星の給食~』と、大物女優の主演作が立て続けに大コケ。さらに前クールでは、真木主演『セシルのもくろみ』が期間平均4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と歴史的な低視聴率を記録してしまった。そのため、『隣の家族は青く見える』に対しても、『セシッちゃうんじゃ?』との声が上がっています」(テレビ誌記者)

 とはいえ、昨年発売した水着写真集がヒットを記録するなど、何かと話題の深田。さらに、ドラマでは珍しく妊活をテーマにしているとあり、注目度は高そうだが……。

「深田と松山は、なぜかドラマがヒットしないことで有名。深田はここ数年、主演作が1ケタ続き。特に3年前の『女はそれを許さない』(TBS系)は、期間平均6.2%と惨敗している。また、松山も同様で、NHK大河ドラマ『平清盛』や『ど根性ガエル』(日本テレビ系)の視聴率不振が話題に。2人とも“低視聴率俳優”の汚名をそそぎたいところでしょうが、よりによって『木曜劇場』ですからね……」(同)

 フジの“死に枠”で勝負をかける深田と松山。次こそ汚名返上となるだろうか?

最終更新:2017/11/10 11:49
こんな記事も読まれています

“フジの死に枠”で深田恭子&松山ケンイチが新ドラマ! 「セシっちゃうんじゃ?」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

 数多くのTVドラマやVシネ作品に出演する、俳優・原田龍二。芸歴26年を数えるベテラ...
写真