日刊サイゾー トップ > 芸能  > 毒蝮三太夫が船越に毒舌で“荒療治”

毒蝮三太夫が『ごごナマ』で船越英一郎に夫婦問題をぶっこみまくる! その毒舌は、愛に溢れた荒療治だ

『人生ごっこを楽しみなヨ』(角川新書)

 毒舌を売りにするタレントが数多い昨今だが、「毒を吐くには“免罪符”が必要だ」とはよく言われる話。

 例えば有吉弘行の場合、「地獄を見た」と自身で公言する低迷期が「やさぐれて当然」というバックボーンにつながったかもしれない。マツコ・デラックスはそもそも“異型の人”だし、オカマタレントに毒舌の免罪符が持たされるのは世の常である。

 同じことを言っているにもかかわらず「この人になら言われてもOK」というラインが、人の内には存在する。不思議なものである。

 

■「夫婦仲良く!」と檄を飛ばす毒蝮と、目が泳ぐ船越

 

 毒舌の元祖といえば、やはり毒蝮三太夫の名を挙げないわけにはいかない。お年寄りに向かって「ジジイ、ババア! このくたばり損ないが!」と語りかける彼のトークには愛を感じるし、その毒舌が受け入れられるのも当然だろう。

 そんな毒蝮が、11月16日放送『ごごナマ』(NHK)に出演した。「毒舌なのに愛される理由」と題し、「ジジイ!」「ババア!」と言い放つコミュニケーション術に番組はフォーカスを当てている。

 それにしても、毒蝮の放つ言葉は、いちいち至言だ。「俺にとって、これは毒舌じゃない。ただのしゃべり言葉」だと断言する彼。事実、言われた当人が笑顔になり「元気が出た」と帰っていく姿を見れば、人が恨みに思う非難中傷の類ではないことは明白である。

 この毒蝮の“しゃべり言葉”の砲弾が、この日、思わぬ相手に何発も放たれている。それは、司会の船越英一郎。

 確認しておくと、毒蝮と船越は役者として過去に二度も父子を演じたことがあり、また2人は日大芸術学部の先輩後輩の間柄にある。毒蝮は船越のことを「英一郎!」と呼ぶほどの仲睦まじさだ。

 この距離感を計算に入れてか、毒蝮は船越に向かっていきなり「英一郎、お前んところも落ち着いて! お互いにプライベートは大丈夫か?」と、ぶっこみにいく。対して「ええ、ウチは落ち着いております」と返す船越。

 初っ端からヒヤヒヤもののやり取りだが、ここまでは、まだ助走。この日、毒蝮は“悪気”からではなく“心配”という感情から、船越へのぶっこみを連発していったのだ。


12
こんな記事も読まれています

毒蝮三太夫が『ごごナマ』で船越英一郎に夫婦問題をぶっこみまくる! その毒舌は、愛に溢れた荒療治だのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「日本人は英語が苦手」とよく言われる。英語の教材を買ったり、英語教室の門を叩いたもの...
写真