日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 『AKB48紅白』のコラボは“自殺行為”

『AKB48紅白対抗歌合戦』モー娘。・スタダ勢とのコラボは“自殺行為”だった!?「パフォ力の見劣りが……」

指原莉乃のTwitter(@345__chan)より

 年末の恒例となっている『AKB48紅白対抗歌合戦』が12月10日、TOKYO DOME CITY HALLで開催された。今年は、フジテレビの音楽番組を数多く手掛けてきたきくちPが演出を担当。全編生演奏でAKB48グループがパフォーマンスを披露した。

 今年の大きな目玉となったのが、サプライズで行われたアイドルグループとのコラボレーションだ。HKT48の指原莉乃はモーニング娘。’17と「サシニング娘。」として楽曲を披露。そのほか、NGT48とNegicco、SKE48とチームしゃちほこ、NMB48とたこやきレインボーが、それぞれコラボレーションした。

 まさに夢のようなアイドルの共演かと思いきや、ファンにとってはそうでもなかったという。アイドル業界に詳しいフリーライターは、こう話す。

「会場に来ているファンのお目当てはAKB48グループであって、ほかのアイドルグループを見たいわけではない。アイドルのほかに稲垣潤一、イルカ、押尾コータローなども登場して、セットリストの半分近くがコラボという内容だった。AKB48ファンにしてみれば、一体何を見せられているのかという状態だったようですね」

 演出を手掛けたきくちPは、「スタダまみれ」と自称するほど、ももいろクローバーZを筆頭としたスターダストプロモーション所属アイドルとの仕事が多い。チームしゃちほことたこやきレインボーの登場は、まさに自然の流れだったといえる。

「きくちPは、AKB48の現場にスタダのノリを持ち込んだという形。AKB48のファンにとっては、ありがた迷惑ですよ。ただ、AKB48サイドとしては、そういったコラボをすることで、いろいろな人に目を向けてほしいという思惑があったのでしょう。普通にライブをしただけでは、マスコミにも取り上げてもらえないですしね」(同)

 そんなコラボ企画だったが、AKB48にとってはマイナス要素も少なくなさそうだ。

「今回のコラボ企画で初めてモーニング娘。やスタダのアイドルを見たAKB48のファンが、AKB48とのパフォーマンスのレベルの違いに気づいてしまったというケースが相次いでいるとか。モーニング娘。やスタダアイドルに比べると、AKB48のパフォーマンスは見劣りしてしまいますからね。今回のコラボ企画を見て、モーニング娘。やスタダに流れてしまうファンも出てくるでしょうね。ファン離れが激しいといわれるAKB48にしてみれば、自殺行為のようなものですよ」(同)

 その一方で、今回のイベントでは48グループも生歌を披露し、歌唱力の向上が見られたと高い評価もあった。だからこそ、話題作りが裏目に出た形となったのは、あまりにも不運だったといえるだろう。

最終更新:2017/12/15 12:00
こんな記事も読まれています

『AKB48紅白対抗歌合戦』モー娘。・スタダ勢とのコラボは“自殺行為”だった!?「パフォ力の見劣りが……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

 人情味あふれる町・阿佐ヶ谷の6畳一間のアパートで、本物の姉妹でない2人の40代女性...…
写真