日刊サイゾー トップ > 芸能  > GACKT、本名公開で“変人キャラ”解禁

GACKT、本名公開でバラエティ界から引っ張りだこに!?「イレギュラー枠」で“変人キャラ”解禁へ

GACKT

 ミュージシャンのGACKTが本名を公開し、話題となっている。GACKTはオフィシャルブログにおいて、2017年12月26日に「【大城ガクト】と【仮想通貨】」と題したエントリをアップ。仮想通貨に関する新プロジェクトを立ち上げるにあたり、本名を名乗ることにしたという。

 本名公開により加速しそうなのが、GACKTの本格的なバラエティ解禁であろう。

「GACKTはこれまで、バラエティ番組への出演経験がまったくなかったわけではありません。1月1日に放送された『芸能人格付けチェック!』(テレビ朝日系)では常連出演者といえます。しかし、私生活はあくまでミステリアスな存在として扱われてきました。本名公開で、彼の来歴やプライベートにじっくりと迫る企画が出現しそうです」(放送作家)

 何より、GACKTの存在は、最近のテレビ業界の需要とも合致する。

「2017年は“ゲーム機バキバキ事件”の炎上を逆手に取ったバイオリニストの高嶋ちさ子の“ぶっちゃけ主婦キャラ”や、将棋の加藤一二三九段の“フガフガしゃべり”など、既存のタレントの枠外から現れた人がブレイクを果たしました。いわばイレギュラー枠ははやりなのです。テレビ業界はいまや“視聴率のためならなんでもアリ”状態になりつつあります。ただし、コンプライアンス意識は依然として高いので、エログロや反社会的なネタはできない。そのため知名度もあって、ある意味では安全パイの変人キャラといえるGACKTのような存在が求められているといえるでしょう」(同)

 年明け一発目のバラエティ番組の企画会議では、GACKTの名前が頻出しそうだ。年末の本名公開も、そうした狙いがあったのかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/01/05 06:00

GACKT、本名公開でバラエティ界から引っ張りだこに!?「イレギュラー枠」で“変人キャラ”解禁へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

瓜田純士、夫婦間の山一抗争勃発!?

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、瓜田純士が夫婦名義で新曲を作った。タイトルは「...
写真