日刊サイゾー トップ > 芸能  > オカダ・カズチカの熱愛で森アナは…

“新日エース”オカダ・カズチカ、声優・三森すずことの熱愛発覚! 失意のテレ朝・森葉子アナはほとんど「開店休業」状態

テレビ朝日「アナウンサーズ」より

“プロレス界の盟主”である新日本プロレスの絶対的なエースで、IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカと、人気声優で歌手としても活動する三森すずこが熱愛中であることを、13日に「週刊文春」(文藝春秋)と「東京スポーツ」のWEB版が報じた。

 これを受け、同日、2人は共にTwitterで、交際の事実を認めた。共に示し合わせたかのように、「お互いの将来のことを考えて、真剣にお付き合いさせてもらっています」とツイートしており、結婚を視野に入れての交際であるようだ。

「文春」は9日夜に、2人がタクシーで互いの自宅を行き来する様子をスクープ。翌10日にはレンタカーでドライブデートを楽しんだという。オカダは昨年1月、テレビ朝日の森葉子アナウンサーとの熱愛が報じられ、“結婚間近”とも伝えられていた。「東スポ」によれば、森アナとは同6月に破局し、同8月に三森との交際がスタートしたとされる。

 新日本と、三森が所属する事務所「響」の親会社は、同じ「ブシロード」で、2012年から、2人はイベントなどで交流があった。三森は16年10月から17年7月までテレ朝系でオンエアされたアニメ『タイガーマスクW』で、メインキャラクターの高岡春奈役で出演。これをきっかけにプロレスファンとなり、新日本の会場にも観戦に訪れるようになり、オカダと急接近した模様だ。

 オカダは森アナと別れた後、間もなく新恋人ができて、幸せの絶頂だが、気になるのは森アナの今だ。森アナは茨城大学教育学部を卒業し、10年にテレ朝に入社。当初は『速報!甲子園への道』『熱闘甲子園』のキャスターや、『ナニコレ珍百景』のアシスタントに起用されるなど、期待の星だった。13年には同局の開局55周年記念応援隊の若手女子アナユニット「ゴーちゃん。GIRLS」に、後輩の青山愛アナ(退社)、宇佐美佑果アナ(同)、久冨慶子アナと共に参加し注目を集めた。

 しかし、同ユニットの活動が14年3月に終了すると、森アナの露出は減っていった。現在、森アナが出演する地上波のレギュラー番組は『サンデーLIVE!!』『スーパーJチャンネル』土曜版のみ。しかもキャスターではなく、番組中のニュースと現場取材の担当。そのほかは、CSテレ朝チャンネルへの出演で、すっかり閑職へ追いやられた格好だ。

「女子アナとしては地味な森アナは、すっかり後輩の久冨アナや林美沙希アナに抜かれてしまい、窓際に追い込まれた感じです。『報道ステーション』で金曜の天気を担当する新人・三谷紬アナの方がよっぽど、目立っています。これだけ地上波での出演が少ないと、ほとんど“開店休業”状態と言えそう。オカダとの交際が順調にいって、結婚までたどりつければよかったのでしょうが……この状況には同情しきりです」(女子アナ事情通)

 ある意味、女子アナは人気商売で、その世界は非情でもある。もはや、需要がなくなったともいえる森アナが、失意から一発逆転することはできるのだろうか?
(文=田中七男)

最終更新:2018/01/16 22:30
こんな記事も読まれています

“新日エース”オカダ・カズチカ、声優・三森すずことの熱愛発覚! 失意のテレ朝・森葉子アナはほとんど「開店休業」状態のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真