日刊サイゾー トップ > 芸能  > 香取が描く“全裸男”が怖すぎ!

香取慎吾が描く“全裸男”が「怖すぎる!」、2年前の“SMAP公開処刑”を表現か

香取慎吾のインスタグラムより

 元SMAPの香取慎吾が18日、自身のインスタグラムでイラストを発表。「悲しくて、怖い」とネット上で悲鳴が相次いでいる。

 芸能活動の傍ら、自宅に併設するアトリエでアート作品の制作を行っている香取。これまで、アクリル絵の具やパソコンなどで膨大な数の作品を作ってきたというが、世に出ているのは、1998年に出版された画集『しんごのいたずら』(ワニブックス)のほか、企業や番組、イベント宣伝用に描かれた作品など、ほんの一部だという。

「香取は、画材も選ばず、描きたいタイミングで気の向くままに描くスタイル。そのため、香取の心の闇が表れてしまうこともしばしば。過去の作品には、本人が『自画像のようなイメージ』と語る“ピエロ”や“黒ウサギ”など、どこかダークで寂しげなモチーフも目立ちます」(芸能記者)

 そんな香取が今回、インスタグラムでコメントもタグも付けずに投稿したのは、マジックなどで描かれた全裸の男の絵。下半身丸出しで立っている男は“少年”にも見え、顔はのっぺらぼうで、目元には包帯か帽子のようなものが。左手にだけ妙にリアルな手が描かれており、その周囲を涙を流した無数の顔が囲んでいる。

 見ていると辛い気持ちにもなるこの絵だが、案の定、ネット上でも「めちゃくちゃ怖いんだけど」「香取慎吾の絵、ヤベーやつじゃん」といった声が殺到している。

「ちょうど2年前に当たる2016年1月18日は、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の生放送で、SMAPが公開処刑ともとれる謝罪会見を行った日。今回の絵は、そんな2年前の香取自身の心情を表した作品なのでしょう。メンバーにとっても、衝撃的な出来事であったことが窺えます」(同)

 なお、謝罪会見時、香取はひときわ厳しい表情で「本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げ、「皆さまと一緒に、また今日からいっぱい笑顔を作っていきたいと思っています」とコメントしていた。

 ファンからは、「2年前の傷が癒えていないのでは?」と心配する声も相次いでいる香取。ジャニーズ事務所からの独立後に、あえてこの悲しい絵を投稿した真意が気になるところだ。

最終更新:2018/01/19 19:30

香取慎吾が描く“全裸男”が「怖すぎる!」、2年前の“SMAP公開処刑”を表現かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真