日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鳥肌実にGカップ葉加瀬マイが嫌悪感

鳥肌実に“Gカップグラドル”葉加瀬マイが嫌悪感……「本当に気持ちが悪かった」

 Gカップのバストで人気急上昇中のグラビアアイドル・葉加瀬マイ。バラエティだけでなく、映画『LIAR GAME』や『踊る大捜査線 THE FINAL』などにも出演し、演技派グラドルとして知られる彼女がついに映画初主演! 『LADY NINJA~青い影~』で、セクシーな忍者姿でアクションを果敢にこなしているのだ。

 この公開を記念して、プロレスラーの坂口征夫や、芸能レポーターながら本作に俳優として出演している阿部祐二らの共演者とともに舞台挨拶に登壇。しかし、同じく共演した鳥肌実に対し、嫌悪感をあらわにした……。

「演技もままならず、不安な要素もたくさんありましたが、精一杯演じさせていただきました」という葉加瀬だが、この役作りのために坂口の道場に足繁く通い、アクションシーンの特訓を受けていたという。

「普通の映画では、アクションシーンで実際に殴ることはありませんが、今回は坂口さんに対して実際に殴る蹴るのアクションをさせていただきました」と、撮影を振り返る。そんな努力の甲斐もあって、初めてとは思えないほどリアルなアクションシーンが完成! 共演する女子プロレスラーの赤井沙希も「葉加瀬さんはバレエの経験があるので、アクションの所作がとてもキレイ。勉強になりました」と、そのセンスに目を丸くした。

 今をときめくGカップ美女の相手役を努めたのが、カルト芸人として知られる鳥肌実。「今回、キ○ガイ博士役を演じました鳥肌です」と、のっけから放送コードに引っかかる発言で笑いを誘うが、肝心の役名が思い出せず「なんだっけ……池田大作じゃなくて……」と、きわどいボケを連発し、関係者をハラハラさせる一幕も。しかし、そんな鳥肌の俳優としての実力はいかがなものか?

「鳥肌さんから発せられる『圧』がものすごくて、本当に気持ちが悪かった……。怖かったです」と撮影時の鳥肌の演技を語る葉加瀬。そんな、“褒め言葉”に対して、鳥肌は「持ち前の変態性を全面に出し、集中してマイさんにまとわりつく演技をしようとしたのに、本当に嫌悪感を抱かれてしまった……」と、落ち込んだ様子を見せていた。

 

最終更新:2018/01/23 16:00
こんな記事も読まれています

鳥肌実に“Gカップグラドル”葉加瀬マイが嫌悪感……「本当に気持ちが悪かった」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

 今、日本で最も注目を集めている競技といえば、アメリカンフットボールで間違いないだろ...
写真