日刊サイゾー トップ > 芸能  > 袴田吉彦「態度が悪い」と悪評噴出中

袴田吉彦“アパ不倫”で再ブレークも、ドラマ現場では「横柄で態度が悪い」と悪評噴出中!

プラチナムプロダクション公式サイトより

「まさに“再ブレーク”といっても過言ではないでしょう。今やバラエティでは引く手あまたで、とりあえず各局の帯のワイドショーやバラエティには、ひと通り出演する方向のようです」(バラエティスタッフ)

 昨年1月の“アパホテル不倫”騒動が原因で、同年9月に妻でタレントの河中あいと離婚した俳優の袴田吉彦。

「大みそかには『ガキの使いやあらへんで!SP』(日本テレビ系)で、“不倫仮面”として登場するなど、文字通り体を張った演出で視聴者の好感度も上がったんじゃないでしょうか。以前からしゃべりには定評がありましたが、今回の件も上手に話をするので、バラエティでも重宝されてるようです」(テレビ局関係者)

 もともとは「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを獲得し、映画デビュを果たしたことが示す通り、俳優業が専門である。

「例の騒動の後にも、いくつかドラマの現場があったのですが、バラエティだと謙虚なのに、ドラマの現場だと足を組んだりして、かなり横柄な態度でした。そのギャップを知っている人は『よくあんな態度を取れるねぇ』なんてあきれてましたよ。事務所は、ドラマもバラエティもNGなく営業しているので仕事は来るでしょうけど、ドラマに関しては、かなり厳しい見通しだと思いますよ」(ドラマ関係者)

 ただ一方で、主演や大きな作品にこだわらなければ、ドラマの仕事も殺到する可能性があるという。

「袴田さんは今年45歳ですが、このあたりの年齢の人が演じる役というのは、たくさんあります。東幹久さんや的場浩司さんなど、主演や大作ではないですが、コンスタントに深夜ドラマやゲスト出演などで活躍している人もいますからね。袴田さんはギャラも一本30~40万円くらいなので、知名度や話題性を考えると、破格ともいえます。ただ、現場での態度が悪いと、オファーも来なくなるので、バラエティと同じように取り組んでくれたらいいんですけどね」(芸能事務所関係者)

 今年は“俳優”としてブレークなるか――。

最終更新:2018/01/24 10:00
こんな記事も読まれています

袴田吉彦“アパ不倫”で再ブレークも、ドラマ現場では「横柄で態度が悪い」と悪評噴出中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...
写真