日刊サイゾー トップ > 芸能  > とんねるず新番組は「他がNGの結果」

絶望のフジテレビ……とんねるず新番組は「ほかの事務所に軒並み断られた結果」だった

とんねるず・石橋貴明

 かつての功労者をバッサリ切り捨てることはできなかった……わけではなかったようだ。

 長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月で終了すると発表された直後、今度は4月から月曜23時に、とんねるずの2人、もしくはどちらか1人がMCを務める新番組がスタートすると、一部スポーツ紙が報じた。

 この報道に、高額なギャラがネックといわれたとんねるずのクビをどうにか切ったというのに、なぜ再登板させるのかと首を傾げた人も多かったのではないだろうか。

「フジテレビでは、これまでもタモリがMCの『笑っていいとも!』後に『ヨルタモリ』を始めたり、小堺一機がMCの『ライオンのごきげんよう』の終了直後に『かたらふ~ぼくたちのスタア~』で起用するなど、長寿番組を打ち切った際には、そのMCに新番組を与えるという慣例がある。そのため、多くのメディアが功労者のとんねるずを完全に切ることができなかったという論調で報じています」(テレビ誌記者)

 しかし内情は、まったく違っていたようだ。フジテレビ側に「背に腹は代えられない事情があった」と語るのは、広告代理店関係者だ。

「“とんねるずが功労者だから”というのは、まったくのデタラメですよ。恩返しではなく、他のタレントをキャスティングできなかったというのが真相です。今や、ドラマでもバラエティでも、フジの番組はほとんど全てと言っていいほど爆死しており、出演すると黒歴史になってしまう。大手事務所に軒並み断られた結果、残っているのがとんねるずしかいなかったため、フジは泣く泣く出演を打診するハメとなった。23時台ということもあり、ギャラは『みなおか』の3分の1程度となったようですが、とんねるず側も億単位の収入がなくなるところでしたから、それでも御の字ですよ」

 先日、元フジテレビ社員で、現在はフリーアナウンサーの山中秀樹が、Twitterにて、フジテレビが社員から早期退職者を募集していることを暴露したが、末期症状ここに極まれりといった現状のようだ。

最終更新:2018/02/03 08:00
こんな記事も読まれています

絶望のフジテレビ……とんねるず新番組は「ほかの事務所に軒並み断られた結果」だったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真