日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田中みな実がついに汚名返上!? 

田中みな実が“嫌いなアナウンサー”の汚名返上!? 「局アナバレンタイン話」に女性から賛美の声!

田中みな実公式ホームページ

 TBSにアナウンサーとして入社し、現在はフリーアナウンサー・タレントとして活動している田中みな実。その彼女が2月9日深夜放送の『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』(フジテレビ系)に出演し、局アナ時代のバレンタインデーについて告白。その内容が話題となっていた。

 局アナ時代は、「毎年、頑張って義理チョコを渡していました」という田中。渡す範囲は、当時出演していた全番組の共演者、スタッフ、さらにはエキストラまでと、大人数に上っていたそう。また、すべて手作りで、このために業務用のオーブンレンジをレンタル。もちろん、材料や機材などの経費はTBSでは落とせないため、全部実費だったと明かした。

 なんとも、田中らしい“あざとさ”が見え隠れするこの発言。だが、この放送を見ていた視聴者からは、「人気取りでも、ここまでできない。同じ女性としてすごいと思う」「影の努力家だったんだ。見直した」といった、女性からと思われる賛美の声が上がっていたのだ。

 田中といえば、TBS時代から“ぶりっ子キャラ”が定着し、「あざとい」「ウザい」といった批判に遭い、「週刊文春」(文藝春秋)が毎年行っている「嫌いなアナウンサーランキング」では、2012年から常に上位に入っている。そうした世間からの評判からか、出演番組は視聴率が伸びず、次々と終了。「現在、芸能生命の危機に立っている」と芸能記者は明かす。

「今まではぶりっ子キャラの面白さで仕事が来ていました。しかし、そのぶりっ子キャラも、女性ウケが悪く下火に。おまけに関ジャニ∞横山裕との熱愛が報道され、さらに支持を失い、『anan』(マガジンハウス)で披露した“手ブラヌード”も話題にもならなかった。そのため、このままではいけないと考え、今後は“女性ウケするキャラ”に変更して再起しようとしているのではないでしょうか」

 今回の「男女構わず手作りの義理チョコを配っていた」という発言は、運よく女性に好印象だったよう。これまで嫌われキャラだった田中だったが、もしかしたら今年は評価が変わるかもしれない。

最終更新:2018/02/14 17:30
こんな記事も読まれています

田中みな実が“嫌いなアナウンサー”の汚名返上!? 「局アナバレンタイン話」に女性から賛美の声!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真