日刊サイゾー トップ > 芸能  > 菊地亜美、結婚で仕事激減? 

菊地亜美、結婚で仕事激減へ? ノロケ路線でも「同性から憧れられることはないでしょう」

菊地亜美

 アイドルグループ・アイドリング!!!の元メンバーでタレントの菊地亜美(27)が先日、公式ブログでバツイチの一般男性と結婚したことを発表した。

 菊地は「彼は人間味の溢れる素敵な人です。二人でいる空間がとても居心地良く、この先の人生を考えた時にこの人と結婚したいと思いました。彼の生き方と人柄が大好きです。ちなみにですが、顔も大好きです。私達らしい家庭を築いていきたいと思います」とコメントした。

 そんな幸せいっぱいの菊地だが、この結婚が今後の芸能活動の大きな足かせになってしまいそうだという。

 芸能関係者は「これまでの大人気バラエティーアイドルも、結婚を境に大きく人気を落としてテレビ出演が激減しているケースが多いです。坂下千里子さん、木下優樹菜さんら往年のバラドルの多くが、結婚が一つの原因となり、出演本数を減らしてしまいました。菊地さんもそうならないか心配です」と話す。

 かねてから芸能界で菊地は目標とする人物を「井森美幸、島崎和歌子」と公言してきた。2人とも、バリバリの女性独身バラドルだ。

 前出の芸能関係者は「菊地さんは、元アイドルでありながらも負け犬キャラ、自虐キャラで同性からも支持を得ていました。今後は、結婚した以上、ノロケ路線でいくしかなさそうなのですが、“超美人”というわけでもない菊地さんのようなタイプで幸せを語っても、同性から憧れられることはないでしょうし、支持もされにくい。そのため、これからは結婚できない女性芸人や結婚できない女性アイドルに対して、上から目線でイビるキャラに方向転換するのが生きる道ですが……これまでの人気を維持することは難しいかもしれませんね」と声をひそめる。

 このまま仕事が減って専業主婦となり、芸能界もフェードアウトしていくというのも一つの幸せなのかもしれない。

最終更新:2018/02/15 20:00
こんな記事も読まれています

菊地亜美、結婚で仕事激減へ? ノロケ路線でも「同性から憧れられることはないでしょう」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真