日刊サイゾー トップ > 芸能  > 菊地亜美、旦那のせいで批判の的に

新婚・菊地亜美、旦那の“チャラすぎ過去”のせいで祝福が一転、「すぐ離婚!」と悲観する声が……

菊地亜美公式ホームページより

 最近、芸能界では男女関係なく、一般人と結婚することが多くなってきている。そうなると、世間では相手側の“一般人”がどのような人物なのかが話題になり、ネットではファンによる“特定”が開始されることに。大抵は会社経営者や元モデルなどといった、芸能人の華やかな交友関係で出会ったのだろうと思われる人物だとわかり、世間からは「いい人と結婚したね!」「お幸せに!」と祝福される。しかし、先日結婚を発表したタレントの菊地亜美の場合は様子が違い、祝福ムードが一転、心配の声が殺到する事態となってしまった。

 2月1日、かねてから交際していた一般人男性と結婚したと発表した菊地。所属事務所を通じ、マスコミ各社に送られた書面には、「この先何が会っても夫婦で手を取りながら、私達らしい家庭を築いていきたいと思います」と誓いを述べていた菊地。この報告を聞いたファンからは、「おめでとう!」「よかったね!」など祝福する言葉が上がっていた。

 そして、ファンが次に気になるのは、菊地の夫となった“一般人男性”が誰かということ。するとすぐに、勤めている会社の求人広告で「3,000万稼いでわかったのは4,000万ないと足りないこと」というキャッチフレーズと共に顔出ししていた人物だと特定。さらには、こんなウワサまであるようで……

「菊地の夫が“バツイチ”だというのは有名な話で、一部マスコミでは既に報道されています。また、この離婚は菊地の夫の女癖の悪さが原因という話も。今もセフレが常に数人いるといったウワサまである人物なんです」(芸能記者)

 これが本当であれば、典型的なチャラ男と結婚してしまった菊地。そのため、このウワサを知ってしまったファンは、「祝福したけど、相手がチャラ男じゃダメだね」「男を見る目がなさすぎ……」「すぐ離婚するでしょ」などと結婚を悲観する声に、いつしか変わってしまったのだ。

 13日、Instagramに夫から贈られたという“永遠(とわ)”の語呂を掛けた108本のバラの花束と、それをもらい嬉しそうな顔をみせている自身の姿が映った画像を投稿した菊地。夫のチャラ男疑惑を露知らず、本人にとっては“幸せな結婚”になっている模様だが、この先ファンの悲観する声が当たらないことを祈るばかりだ。

最終更新:2018/02/16 21:30
こんな記事も読まれています

新婚・菊地亜美、旦那の“チャラすぎ過去”のせいで祝福が一転、「すぐ離婚!」と悲観する声が……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真