日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鈴木雅之“不倫写真”は合成だった?

鈴木雅之“不倫報道写真”のサングラスは合成だった?「不倫より、外した顔のほうがマズイ……」

鈴木雅之オフィシャルサイトより

 人気歌手の鈴木雅之が1月下旬に報じられた不倫で、女性誌が掲載した女性との写真に「加工疑惑」が浮上している。音楽関係者らが「鈴木のイメージを守るために、写真の加工をお願いし、雑誌側がそれを了承したらしい」という話をしているのだ。

 かつてはシャネルズ、ラッツ&スターのリードボーカルとして一世を風靡、ソロとしてもソウルフルな歌唱でファンを惹きつけてきたカリスマシンガーの鈴木に不倫が報じられたのは、1月下旬。「女性自身」(光文社)が、ファンクラブを運営する40代女性と20年以上も交際していることを伝えた。

 2人は仕事も私生活も行動を共にしており、下積み時代に結婚した妻も了承していることなのだという。同誌はルイ・ヴィトンの店や高級料亭での食事などデートを追跡、鈴木は記者の問いかけに一度は逃走しながらも、「彼女はうちのスタッフ」と答えたとされている。不倫関係は本人に否定されたわけだが、鈴木と付き合いの長い音楽関係者に話を聞いてみると「言わなくてもわかるでしょ。もうかなり長い関係だし、揉めてるわけじゃない。ほかのタレントの不倫とは、まったく違うよ」と、不倫関係が周知の事実であるかのように答えた。

 ただ、「女性自身」に掲載された2人の写真を見せると、関係者は「これ、加工してるらしいね」と一言。写真は鈴木がサングラス姿で、白いマスクをして歩いているもの。女性は鈴木の左腕をつかんで一緒に歩いている。

「鈴木さんは私生活でマスクして変装しているとき、逆にこういうサングラスしないはずだよ。だって変装にならないじゃん」

 確かにマスクをしても、トレードマークのサングラスがそのままでは、むしろ「鈴木雅之だ」とアピールしている感じだ。

 言われてみれば、写真のサングラスは真っ黒で、ほか他の部分に比べ陰影や反射がなく、上から黒く塗りつぶしたようにも見える。実際にこれが画像加工なのかどうかは定かではないが、別の業界人からは「周囲で知られた女性との関係より、鈴木さんにとってマズいのは、サングラスを外した姿のほう」などという話も聞かれた。

「あくまでウワサだけど、サングラスを合成してもらう代わりに、報道を容認したとか」(同)

 鈴木は、人前でサングラスを外さないことで知られる。音楽番組などに出演する際にも、サングラス姿のままテレビ局に出入りし、スタッフの前ですら決して外そうとしなかったという話があるほどだ。インタビューなどでは「ないと不安なんです。体の一部ですから」と言っていたこともある。

「サングラスをしているとコワモテ風に見えるけど、昔、サングラスを外した素顔が“かわいすぎる”と言われたことが何度もあって、それからはサングラス姿を徹底したらしい。ご自分のイメージを貫いているんだと思う」(同)

 私生活のゴシップよりも、自身のルックスイメージを重視したというのが事実なら、ある意味、プロに徹した話ともいえる。もしかしたらファンにとっても、ダンディなサングラス姿を守ってくれてよかったといえるかもしれない。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2018/02/23 08:00
こんな記事も読まれています

鈴木雅之“不倫報道写真”のサングラスは合成だった?「不倫より、外した顔のほうがマズイ……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真