日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 東京マラソン“日本新”に世界から失笑

「メダルが期待できるわけでは……」東京マラソン“日本新で1億円”に世界から失笑

Honda陸上競技部公式Twitter(@honda_track)より

 2月25日に行われた「東京マラソン2018」で、設楽悠太選手(Honda)が2時間6分11秒の日本新記録を樹立。ボーナスとして設楽には、日本実業団陸上競技連合から1億円が贈られるが、東京五輪でメダルが期待できるかといえば、それはまた別の話のようだ。

 設楽は東洋大学時代、双子の兄・啓太とともに箱根駅伝で活躍。3年連続で区間賞を獲得し、16年のリオ五輪にはトラック競技の1万メートル代表で出場した。今回が3度目のフルマラソンだった設楽は、いったん先頭集団から遅れたものの、ジリジリと追い上げて従来の日本記録を5秒更新。日本実業団陸上競技連合が3年前に設けた報奨金制度により、1億円のボーナスが贈られることになった。スポーツライターが語る。

「25日は気温が7~8℃で、風もなく日も陰っており、ランナーにとっては絶好のコンディションでした。かつての東京マラソンはアップダウンが多く、海沿いの風にもさらされるコースでしたが、17年からはアップダウンがほとんどなく、風の影響も受けにくいコースに変わり、一気に超高速化しました。25日のレースは、1人目のペースメーカーのペースが今ひとつ安定せず、前世界記録保持者のウィルソン・キプサングも途中棄権してしまいましたが、ペースが安定してキプサングと競るような形になっていれば、タイムはさらに縮まったでしょう」

 報奨金制度は、低迷が続く日本の男子マラソン界に活を入れ、20年の東京五輪でのメダル獲得を目指すため、15年に設けられたもの。「Project EXEED」と名付けられた強化プロジェクトは実を結んだようにも見えるが、東京五輪でのメダルを期待するのは、いささか早計のようだ。箱根駅伝ほか、陸上関係の取材経験も多い週刊誌のスポーツ記者が語る。

「今回、設楽が破った日本記録は2002年に作られたもの。日本男子勢が16年間もモタモタしている間に、世界記録は2時間2分台にまで伸びました。日本記録と世界記録は3分以上の差がありますし、設楽の記録は世界歴代ベスト100に入るか入らないかというタイムです。マラソンはコンディションに大きく影響されるため、トラック競技ほどタイムは絶対視されませんが、昨年のキプサングの優勝タイムは2時間3分台。設楽は、日本記録とはいえ2位で、優勝したチュンバには40秒以上差をつけられています。世界随一の歴史と格式を誇るボストン・マラソンでも、優勝賞金は千数百万円です。2位の選手が腕を掲げてゴールし、優勝選手よりも多くの賞金をもらうなんて、世界から見ればいい笑いものです。男子マラソンでは『日本人トップ』という単語がしばしば使われますが、そんな単語を使っている時点で五輪のメダル争いなんて夢物語ですよ」

 世界記録の3分差は、距離にしておよそ1キロメートル。数メートルならともかく、1キロの差は、あと2年で埋まるのだろうか?

最終更新:2018/03/01 06:00

「メダルが期待できるわけでは……」東京マラソン“日本新で1億円”に世界から失笑のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

志村けんと噂になった女性たち

 先日、阪神・淡路大震災から26年目を迎えた...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真