日刊サイゾー トップ > スポーツ  > ボブスレー問題で大田区に走る緊張感

「区長がボブスレーに乗ってなくてよかった」下町ボブスレー問題で信用ガタ落ちの大田区に走る緊張感

「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」公式インスタグラムより

 2月25日に閉幕した平昌オリンピック。羽生結弦選手などの活躍の一方で、赤っ恥をかいたのが「下町ボブスレー」だ。「下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会」が、五輪で下町ボブスレーを採用しなければジャマイカ側に損害賠償6,800万円を請求するとした一件。これは、歴史的な“ドン引き事件”として長らく記憶されることになるだろう。

 この問題については、テレビ東京系『ガイアの夜明け』が2月27日に「下町ボブスレーの“真実”」と題して問題を特集したり、今後もさまざまな形で検証されることになりそうだ。

 そんな中、聞こえてくるのは「下町ボブスレー」をウリにしていた大田区の状況だ。もともと、このプロジェクトは大田区の小さな町工場が中心となり、世界のトップレベルへ挑戦する日本製のソリを作り、産業のまち大田区のモノづくりの力を世界に発信するというコンセプト。

「これまで、大田区の町工場は『設計図を紙飛行機にして飛ばせば、製品が出来上がって戻ってくる』といわれるほどの、高度な技術の集積地でした。そんな長年かけて作り上げてきた信用が、ボブスレーで崩壊しかかっているというのです」(区役所関係者)

 実際、大田区の関係者に話を聞くとさまざまなウワサが聞こえてくる。中には、区役所など行政が関わる町工場関係の催しやプロジェクトには、軒並み「待った」がかかっているという話も。ただ、実際に話を聞きにいってみると誰もが「さほど問題にはなっていない」と言いつつ、口をつぐむ。

 どうも、是非は別としてボブスレーの件についてはコメントしたくないというのが、本音のようだ。

 そうした中で、名前を出さないことを条件に実情を話してくれたのは、大田区役所の幹部だ。

「幸いなことに『下町ボブスレー』には、大田区としては直接関わっている案件ではありません。あくまで、国が一部の町工場と実施していた案件。なので、どういった形で大田区や、ほとんどの町工場は無関係なのだということをPRしていこうかというのが、目下の課題です」

 大田区は、区内の産業振興のためさまざまな施策を行っているが「下町ボブスレー」は、区役所が関与しない案件。少なくとも区内では、そのことも認識されているのか、区民からの苦情や意見はないという。

「ただ、町工場への信頼を低下させたのは確かです。町工場の関係者はピリピリしていますから、話題には出せませんよ」

 この「下町ボブスレー」が注目された理由の一つに教育出版の発行する小学5年生用の道徳教科書に「下町ボブスレー・・・町工場のちょう戦」という題材が収録された件がある。

 この題材のページでは、ボブスレーに安倍晋三首相が乗り込んでいる写真が掲載され、そのことも議論の的になっている。

「いや、区長がボブスレーに乗ってピースとかしていなくてよかったですよ……」

 しばし、大田区でボブスレーの話題が禁忌なのは確かなようだ。
(文=昼間たかし)

最終更新:2018/03/14 21:00

「区長がボブスレーに乗ってなくてよかった」下町ボブスレー問題で信用ガタ落ちの大田区に走る緊張感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真