日刊サイゾー トップ > 芸能  > ダレノガレが大怪我寸前の事故?

『とんねるず』の“全落”でダレノガレ明美が危険すぎる落下! ネット上では番組に批判続出

『とんねるずのみなさんのおかげでした』番組公式インスタグラム(@tunnels_inastagram)より

 3月15日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、タレントたちが落とし穴に落とされる人気企画「全落」シリーズのファイナルが行われた。この中で危険すぎる場面があったと物議を醸している。

 それはダレノガレ明美が登場した場面。ダレノガレは神社を訪れるという偽のロケで呼び出されて現場に到着し、番組が作った斜面の上にある神社へと登っていった。すると神社の鳥居から突如大玉が転がってきたため、ダレノガレは大玉から逃げるようにダッシュで斜面を下る。そしてその途中にある落とし穴に豪快に落ち、番組としては大成功という結果に。現場では大きな笑いが起こっていた。

「ダレノガレはこの時、ヒールを履いており、石橋貴明は『高い靴履いてたから、ニクバナレ明美になってる?』と茶化しながらも、心配の言葉をかけていました。しかしネット上では『不快過ぎて思わずテレビ切った。女性をピンヒールで坂道走らせて落とし穴落として、よく笑えるよ』『落とすのはまあ仕方ないけど、せめて靴を履き替えさせるかそもそもヒールの低い靴用意してあげてよ……。マジで怪我するやつだよアレ』『ヒールが危ないと分かってて笑っていられる神経がわからない』と批判が続出しています」(芸能ライター)

 番組放送後にはダレノガレのTwitterにも心配の声が寄せられることに。ダレノガレは「全く怪我してないです。スリ傷もなかったくらい」とコメントしているが、「足首グキッてならないか心配でした」「明美ちゃんのファンからすると、何て酷いことするんだって感じ」などファンがリプライを送っている。

「『全落』シリーズでは、これまでにも一歩間違えたら大怪我になるような落ち方をしたタレントが大勢います。17年1月には、ANZEN漫才・みやぞんが落ちるときに落とし穴のフチにアゴを打ちつけたことが。16年6月には平成ノブシコブシ・吉村崇が後頭部から落下して『見ていて冷や冷やする』『首はさすがに怖すぎる』『これで半身不随にでもなったらどうするつもり』と批判が起こっていました」(同)

 とりあえず大怪我がなく幕を閉じた「全落」シリーズ。しかし人気企画なので、今後も特番などでやる可能性がありそうだ。

最終更新:2018/03/16 19:00
こんな記事も読まれています

『とんねるず』の“全落”でダレノガレ明美が危険すぎる落下! ネット上では番組に批判続出のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...
写真