日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 浦和レッズに“監督vs選手”の確執

Jリーグ・浦和レッズ13年ぶり「開幕4戦未勝利」屈辱の裏に“監督vs選手”の確執が……

浦和レッズ 公式Twitter(@REDSOFFICIAL)より

 サッカーJ1リーグ・浦和レッズが、13年ぶりに開幕から4戦未勝利という不振にあえいでいる。Jリーグナンバーワンの年間予算を持ち、観客動員数は世界でもトップクラスを誇るにもかかわらず、である。

 しかし、この展開は予想できていた。さすがに開幕前の降格候補に名前が挙がることはなかったが(参照記事1)、昨季、「浦和というビッグクラブの監督が堀監督で良いのか?」とサッカーライターたちは指摘していた(参照記事2)。

 とはいえ、浦和がここまで低調なパフォーマンスで、なおかつ結果もついてこない事態に陥ると思っていた人は、まずいないだろう。いったい浦和に何が起きているのか? 幾人かのライターに取材すると、「元日本代表選手らも『このままだと浦和はヤバイ』と言っています」と教えてくれる。

 昨季、浦和はシーズン半ばから守備が崩壊し、勝利から見放されることに。そこでコーチから昇格したのが堀孝史監督だ。そして、守備を立て直し、アジアチャンピオンズリーグ優勝という結果を残した。

「この時は、チーム自体が守備を改善しようという共通認識を持っており、結束して割り切ったカウンタースタイルを採用し、結果を残した。長丁場のリーグ戦とは違うトーナメント戦というレギュレーションもあったでしょう。ですが、近年の浦和は攻撃的なスタイルでリーグ戦の優勝争いに食い込み、そういったサッカーに合う選手を集めてもいた。その選手たちに合うサッカーを堀監督ができるのかというのが今季のポイントだったのですが、現時点ではできていない」(サッカーライター)

 サッカーは目まぐるしく攻守が変わるため、どちらのバランスも大事なのだが、相手にボールを持たせるのか、自分たちがボールを持つのかで戦術は変わってくる。ACLでは相手にボールを持たせて結果を得たが、今季のリーグでは今までと同様に自分たちがアクションを起こそうという意図も見える。そのバランスがチグハグなため、チームはもちろん、選手個々のパフォーマンスも低調になり、サポーターの目には選手のやる気がないように映る。4戦未勝利という屈辱を喫してしまった横浜Fマリノス戦後、堀監督の愛弟子である山田直輝が「サッカーどうこうというより、気持ちの部分や考え方で、もっと変えなければいけないところがある」と、ピッチでの不協和音を匂わせたのが最たる例だろう。

「現在、日本代表戦があるため、リーグ戦は一時中断していますが、このタイミングで堀監督は決断しないといけない。ドラスティックに自分の考えるサッカーをできる選手をスターティングメンバーとして送り出すのか、主力の選手たちの能力に自分が合わせるのか。選手たちの試合後のコメントを聞いても、監督が選手に遠慮しているように感じます」(同)

 先日、浦和の淵田敬三社長は堀監督の続投という決断を下した。ならば、どう戦うか。次に決断しなければいけないのは堀監督である。
(文=TV Journal編集部)

最終更新:2018/03/22 14:00
関連キーワード

Jリーグ・浦和レッズ13年ぶり「開幕4戦未勝利」屈辱の裏に“監督vs選手”の確執が……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真