日刊サイゾー トップ > 芸能  > ダレノガレ明美にタレント生命の危機

ダレノガレ明美から“狂犬の顔”が消えた……人生観を変えた「元彼との別れ」で、タレント生命の危機に?

ダレノガレ明美のインスタグラム(@darenogare.akemi)より

 モデルでタレントのダレノガレ明美のストイックな姿に話題が集まっている。昨年から都内の腹筋を鍛える専門ジムに週2回ほど通い、インスタグラムでは、美しく割れた腹筋を披露。その圧倒的なくびれで世間を驚かせている。

 昨年12月には、アパレルブランドの立ち上げを発表。ブランド名は、イタリア語で「自分を愛する」という意味を込め「カロミー(CAROME.)」と命名した。今月に入ると同ブランドの専属モデルを募集。多忙にもかかわらず、1次審査となる書類選考からダレノガレがすべて目を通し、東京・大阪・福岡で開催される2次審査、最終審査にも本人が携わる熱の入れようだという。

「これまでのダレノガレさんからは想像もできないくらい、仕事に集中しています。その影響を与えたのが、昨年別れた元彼だといわれています。付き合っているときに、彼から仕事に対する考え方などを聞いて人生観が変わったようで、以前のような破天荒さが薄れ、仕事や自分のモデルとしての見せ方に対して、前向きに情熱を注ぐようになったみたいです」(芸能関係者)

 ダレノガレの元彼といえば、三菱商事に勤めるエリートサラリーマン。慶応大学在学中にはサッカーに熱中するなど、スポーツ万能として知られている。ダレノガレとは、2016年6月に熱愛報道され、同棲を開始。結婚間近ともいわれたが、17年8月20日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、海外赴任に伴って破局したことが、ダレノガレの口から明かされた。

「ダレノガレさんは、その彼にまだ未練があるみたいです。でも、もうヨリを戻すことができないのは理解しています。だから、仕事や自分磨きに集中しているようです。最近ではあまりに真面目、いい子ちゃんになりすぎていて、バラエティーで好評を得ていた毒舌も影をひそめているほどです。テレビ関係者からは、ほかの女性タレントにもガンガンかみつく狂犬っぷりがなくなってしまっていることを心配する声が上がっています。このままでは、タレントとしての仕事は激減してしまうかもしれません」(同)

 あまりにストイックになりすぎて元々の個性が失われては、元も子もないのかもしれないが、新しいキャラでこのまま突っ走っていってもらいたい。

最終更新:2018/03/28 12:00
こんな記事も読まれています

ダレノガレ明美から“狂犬の顔”が消えた……人生観を変えた「元彼との別れ」で、タレント生命の危機に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真