日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 杉浦太陽に浮気・二重整形追及? 辻希美「もっとかまってほしい」
【wezzy】

杉浦太陽に浮気・二重整形追及? 辻希美は「もっとかまってほしい」と本音

 杉浦太陽が3月27日放送の『明日は我がミーティング』(TBS系)で、MCの高嶋ちさ子から浮気疑惑を追及される。結婚11年めの妻・辻希美からの「超ズボラなのに、見た目だけにこだわる夫」というクレームを受け、体を鍛えたり外出時にメイクしたり身だしなみを整えるのは「やましい考えがあるから」「出会いを求めているからでは」等と浮気を疑われる展開だ。

 辻いわく、杉浦はズボラな性格にもかかわらず、外出時はファンデーションを塗り眉毛マスカラで眉を整えるなどセルフメイクをし、自宅やジムでのトレーニングも欠かさないなど「見た目だけにこだわっている」ように思えるそうだ。辻のバッチリ盛りメイクや三度の妊娠・出産を経ても引き締まった華奢な体型に影響されただけとも考えられるが……。また、杉浦太陽はいつからかくっきりラインの入った二重まぶたに変貌しており“二重整形疑惑”がネット上で盛り上がったこともあるが、番組ではそこにも触れるのだろうか。

 とはいえ結婚から11年、これだけ芸能人の不倫がすぐさま週刊誌に撮られる「不倫報道ブーム」の時期があったにもかかわらず、夫妻は平和だった。辻が都内に衣裳部屋を借りた際に不仲を噂されたり、杉浦には関西に愛人と隠し子がいるという噂を流す輩もいたりするが、信憑性はかなり低い。

 辻希美は今年2月15日放送『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、「子供を出産するごとに母性が強くなっちゃって。ダンナ(杉浦太陽)の前でかわいい甘え方とか出来なくなっちゃったんですよ。でも心の中ではかまってほしい、自分から(したいと)言わなくても向こうから来てほしい、言えないだけで」と、夫への気持ちをあらためて告白。また、結婚10周年を迎えた昨年は、夫婦の倦怠期を乗り越えた経験を杉浦が『AERA』(朝日新聞出版)で語っていた。

 結婚当時は二人が年齢よりも幼く頼りないように見えたせいか強いバッシングがあったが、杉浦はそのことも「世間からはずいぶん叩かれました」と記事で回顧。「こうなったら意地でも、しっかりした家庭を築こう」と、辻と夫婦で誓い合い、喧嘩をすることがあってもお互い修復に努めてきたという。

 結婚3年目頃に倦怠期が訪れ、杉浦は家に帰りたくない「フラリーマン」状態になりかけたという。「仕事から帰っても家のドアを開けるのが嫌で、車の中で時間をつぶしたり。(辻と)一緒にいても目も合わせない」ほどだったそうだが、このままではまずいと感じ、夫婦でハグやキスをたくさんするというルールを取り決め実行したそうだ。続けていくうちに倦怠期は解消され、夫婦で話し合う時間も増えた。このハグ・キス習慣は現在も続けており、子供たちも交えてスキンシップをとっているという。

 「意地でも、しっかりした家庭を築こう」と固く誓い合った二人。また、彼らにおいてはプライベートの行動も半分「芸能人」としての商売のようなもので、タレントとして現在のポジションを守るには家族円満であることが不可欠だ。浮気騒動などという家族への大打撃を杉浦が起こすことはそうそうないだろう。

最終更新:2018/03/28 07:15
こんな記事も読まれています

杉浦太陽に浮気・二重整形追及? 辻希美は「もっとかまってほしい」と本音のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真